12.9インチ iPad ProとSurface Proの違いと、教育的使用法、教育アプリ「ロイロノート」の差について考えてみた

12.9インチ iPad ProとSurface Proの違いと、教育的使用法、教育アプリ「ロイロノート」の差について考えてみた

IMG 7080

こんにちは。部長ナビです

僕はApple製品が好きなので、現在は授業では12.9インチ iPad Proを中心に、教育アプリ「ロイロノート」を使って対話型授業にアクティブラーニングを加え、ICTを活用した展開をしています

しかし、僕の同僚(若手、20代)が最近、Surface Proを購入し活用しているのを見て、この二つを比較、検討してみようと思い記事を書くことにしました

教育というマニアックな比較ですが、それぞれの良さがやはりありますので、ご覧いただければと思います

ロイロノートの澁谷さんは「開発OSの順番から考えてもiPadを推奨します」とのこと

ロイロノートは、一応現時点で、次年度の公開授業で使う予定をしていた教育系アプリなのですが、アプリ開発において、「iOS→Windows→Android」の順で開発が行われていると情報をいただきました

今後、ロイロノートを活用しようと思っている僕にとって、使えないことはありませんが、生徒のデバイスとの関係を考えた際、やはりiOSで統一した方が良いのかな、という感じで考えております

確かに、全国のICT先進校の噂を聞いてみると、iPadを使わせている学校が多いように思います。それを考えても12.9インチ iPad Proがある今、無理にSurface Proを買う必要は無いかな、と感じました

ウチの同僚は、Surface Proで全てを行う

同僚は理科の教員ですが、Surface Proを使ってプリントをWordで作り、表現しづらい図についてはWordの文書にSurfaceペンで図を直接書き込んでいます

さらに、これがスゴいんですが、「解答」を手書きで書き込んで、それを別に保存するというのです

教員は「問題プリント」はアプリで作成して保存していることが多いのですが、どうしても、解答は手書きで書いて作ることも多いため、「クリアファイル」みたいなモノに「紙で保存」することも多いのです

それを20代の若手が「これで全部デジタルで保存可能です」と言ってきたのが驚きでした

フルWindowsで、タッチパネル、Surfaceペンも使える特長を生かし、作業していました

また、理科の実験でも、Surface Proのカメラで教卓の実験を写して、それをHDMI出力でスクリーンに出力してみんなが見えるようにしている、とのことでした

これが「Surface Proだけ」で全部できるのが強みです

12.9インチ iPad Proは使えると思いますが、どうしても、Macに頼る部分もあり、「2台必要」と言うことがApple製品ではありがちです

数式作成ソフト「StudyAid」はWindows専用だが、Parallelsを使うとWindowsをMacに入れられる

理科、数学教員がよく使う数式作成ソフト「StudyAid」は、Windows専用のため、Apple製品では基本的に使うことができません

これもSurface Proの強みですが、Macを使うことにより、Windowsを起動させるParallelsをインストールして、Windowsをぶち込めばMacでもStudyAidは使えるようになります

これを理由に、あえて、13インチ MacBook Proを使っている教員も結構います(12インチは、Parallelsを動かすのに非力という理由で敬遠されるらしい)

僕は、この「StudyAid」のために、Surface Proを買おうかな、と思うくらい、劇使うアプリなんですけど、まあ、別にMacあるしな、っても思うので、もう少し悩みたいと思います

12.9インチ iPad Proは、Apple TVを使うことにより、教室内ワイヤレス

ICT先進校には必ずあると言ってもいい「Apple TV」ですが、これ、皆さん、「テレビにつないで番組を見る」ってだけの用途だと思っている人多いですよね?

教育の世界では、Apple TVは「プロジェクタにつなぐモノ」として認識されています

そして、12.9インチ iPad Proを無線でApple TVにつなぐことができ、12.9インチ iPad Proの画面をプロジェクタに映せるので、ケーブルレスで教室内を歩くことができるんです

これは、僕自身が、2017年10月、北海道白樺学園高校に招待されて模擬公開授業をしてきたときに体験したんですが、かなり便利です

自分の公開授業用にApple TVを買い足そうかな、と思うくらい便利なんです

これが、12.9インチ iPad Proの利点であると思います(と言うか、Apple製品の連携)

10.5インチ iPad Proでも良いんですが、ロイロノートの「添削」を考えると、僕は12.9インチ iPad Pro一択かな、と思って今も使ってます

まとめ

今年度が終わるまでまだ1ヶ月以上あるので、僕と同僚で、それぞれ12.9インチ iPad Pro、Surface Proを使いながら、どっちがどうなのか考えていきたいと思います

Wordは、契約が必要ですが、12.9インチ iPad Proでも使えますので、Officeが使えない、と言う理由ではSurface Proを選ぶポイントにはならないのかな、と思います

僕は12.9インチ iPad Proを持っているので、しばらくはこれを活用しようと思いますが、Surface Proを使う同僚がすぐ近くにいるのでそれぞれの良いところを研究して、さらなる授業技術の向上に努めたいなぁ、と思っています

おまけ

当ブログスタッフからは「部長!Surface Proを買ってレビューしましょう!みんな待ってます」とか煽られてます

大丈夫ですよ。買いませんから、ええ、買いませんよ。買いませんもの。買いません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iPad Proカテゴリの最新記事