【コラム】2018年のiPhoneにApple Pencilが対応するという噂について考える

【コラム】2018年のiPhoneにApple Pencilが対応するという噂について考える

Apple Pencil07

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

多くの人が気になっているであろう「2018年の有機ELディスプレイモデルのiPhoneがApple Pencilに対応する」という噂

コレについて、考えるところがあったので、レビューでは無くコラムで書くことにした

色んな可能性が考えられると思うが、僕なりに感じたところを書いてみたいと思うので、ぜひ読んでいただければと思う

では、行ってみようか

ポイントは「持ち運び」だと思う

現状のApple Pencilが出たのは、初代12.9インチ iPad Proが登場した3年前だが、僕は当時からApple Pencilに対して不満を持っていた

その不満は2つあるのだが、1つ目は「クリップが無い」ということ。コロコロ転がり、精密機械なのに簡単に机の下に転がり落ちてしまう

まあ、でも、この不満は後付けクリップをサードパーティー製で購入することで解決するのだが、もう一つの不満点はそうはいかない

それは「長い」ということ

この長さ、考えられた長さなのかもしれないが、僕からすると長すぎる

胸ポケットには入らないし、ズボンの横ポケットに入れてもはみ出す

なんでこんなに長いんだ、ってくらい、長い

2018年の有機ELディスプレイモデルのiPhoneがApple Pencilに対応した場合、僕は、「Apple Pencilの長さ」が1つのポイントになると思っている

ポケットに入っているiPhoneと一緒に、Apple Pencilも入れろ、Appleは言うのだろうか?

カバンの中に入っているiPhoneを探した後、Apple Pencilも探さなければならないのだろうか?

その辺が、iPhoneがApple Pencilに対応するときのポイントになるはずだ

iPad Proで、その問題が起きていないのは、「ケース」が1つの「策」となることに皆さんは気付くだろう

iPad Proケースの中には「Apple Pencilを収納できる」モノがあり、実は僕の同僚でも、iPad Proを使っている場合はほとんどサードパーティー製のApple Pencil収納可能なiPad Proケースを使っているのだ

だから、Apple Pencilが転がることはあるかもしれないが、「探す」ことは無い

iPad Proをもっていけば、自動で、Apple Pencilも持っていくことになるのだ

しかし、iPhoneケースにApple Pencilが「入る」ことは無いだろう

どうやって、この2つを持ち運ぶのか、僕はその辺をよく考えて使うべきなのでは無いかと思っている

解決策・新しいApple Pencil

ここで考えられるのが、「iPhoneに最適化した新しいApple Pencil」を登場させるということだ

長さも短くし、クリップ等も付属して、新発売すれば、iPhoneでメモをとりたい人達がこぞって購入することだろう

というか、現在のApple Pencilの状態で「対応しました」となっても、特にポケットにiPhoneを入れる人達にとっては「Apple Pencilはどこにしまうんだよ」ってなるのは明らか

それに対応するのに一番良いと思っているのが新しいApple Pencilの登場だ

コレは、かなり期待したいところだが、Apple Pencilに関するリーク情報はほとんど出ていないので、どうなるかはわからない、ただの願望にしか過ぎないが、僕的には最適解だと思っている

使い勝手を考えると、6.5インチか?

当然だが、Apple Pencilを使って手書きするなら画面は大きい方が良い

だから、有機ELディスプレイモデルiPhoneがApple Pencil対応するなら、僕は6.5インチモデルがバカ売れするんじゃないかと思っている

上に書いたとおり、Apple Pencilの持ち歩きをどうするのかが最大のポイントになると思うが、iPadと違い「サッと取り出して書ける」のがかなりポイント高いと思われるので、一般の企業勤めの方でも、メモ帳代わりに使うのはありなんじゃないかと思っている

ただ、iPhoneは「電話」だ

タブレットではないので、Appleが「iPad mini」を置き換えようとしているのかどうかはわからないが、決定的にiPad miniと違うのは、iPhoneが電話であると言うこと

やはり、Plusは僕は大きいと感じてしまうのと、どうしてもフリックが大変なので、「電話」としてのiPhoneの使い方は難しい一面もあると思っているのだが、Apple Pencilの手書きを考えるならば、もう、6.5インチ一択と断言できる、と考える

「電話、メール、SNS、フリック」用としてiPhoneを捉えるか、「Apple Pencilによる手書き」を取るか、難しい選択をユーザーは迫られることになると思うが、Apple Pencilをメインに使いたいなら6.5インチなんだろうなと思うし、誰もが納得するだろう

ちなみに、iPhoneを両手使いしている人は、特に問題無く6.5インチで使えると思うが、手帳型ケースを愛用している人は、ただでさえPlusの大きさは重いのに、ケースの重さもかさなって、相当重くなることが容易に想像できる。この辺も注意したいところ

まとめ

あくまで、「2018年の有機ELディスプレイモデルiPhoneがApple Pencilに対応したら」という前提で書いてみたが、各所で報じられているので、可能性は結構あるのかな、とは思っている

ただ、考えれば考えるほど、毎日Apple Pencilを使っている僕から言わせると、結構大変なことが多いんじゃないかな、と思ってしまうので、来月の発表会では、ぜひ、iPhoneに最適化されたApple Pencilが出ることを願っている

モデルチェンジされてないApple Pencilが9月にどういう動きを見せるのか

全くリーク情報が出ていないので、そもそもiPhoneがApple Pencilに対応すること自体が「噂で終わる」のかもしれないが、期待を持って9月を迎えたいところだ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コラムカテゴリの最新記事