部長ナビのブログ(WordPress)ができあがるまで〜EOS 80D+15インチ MacBook Pro 2016でブログを書くフローチャートを紹介〜

部長ナビのブログ(WordPress)ができあがるまで〜EOS 80D+15インチ MacBook Pro 2016でブログを書くフローチャートを紹介〜

イメージ

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

DRESS CODEの平岡さんがiPad Pro版の「ブログ記事ができあがるまで」のワークフローを書いていますが、僕はメインが15インチ MacBook Pro 2016なので、どういう過程で、部長ナビができあがっていくかをご覧に入れたいと思います

iPad Proでブログを書きたい場合は、こちらからDRESS CODEにどうぞ!

1 EOS 80Dで写真をRAW撮影

↑僕のメインカメラであるEOS 80Dで写真を撮ります。基本的にはキットレンズの18-135mmで撮ります。ガンガン撮ります。フィーリングで撮ります

ウマく行かなかったらその場で写真は消して、取り込んだ写真は基本的に全て使ってます

「使う写真を選ぶ」事をしたことがないのが、他のブロガーの方と違う感じかもしれません。他のブログを見ていると、皆さん写真を「選ぶ」作業をしているみたいなので、それが無いってのが、ウチの記事が1本15分くらいで書けるコツなのかな、と思ってます

2 Lightroomに取り込んで、自動階調、現像

↑次に、Lightroomに取り込んで、現像します

Lightroomは魔法のアプリなので、最高ですね。写真がすぐ明るくなります

僕はどっちかって言うと「ガッツリ食い込む」ような写真が好きなので、ふんわりほんわか的な写真は自分では撮れないと思っています。ですから、まあ、素人なりに「こんなもんかな」的な感じで、ガッツリグイグイ系で写真撮って、Lightroomで明るくしてますね

3 Alfred 3で写真をPhotoBulkへ送る

↑Alfred 3も、PhotoBulkも僕のブログ生活には欠かせないアプリ

Alfred 3で選択してPhotoBulkに送り込み、リサイズ、ウォーターマークを入れます

ガンガン進みますので、あっという間に処理が終わって気分爽快!

4 Flickrにアップロード

僕は、写真を全てflickrにアップしているので、PhotoBulkで処理が終わった写真はflickrにアップしています

サーバーにアップすることはほとんどないです

5 MarsEdit 4で記事書き。Clipyは欠かせないアプリ

MarsEdit 4は欠かせないアプリです

僕はWordPressの管理画面から記事を書いたことがないので、最初からMarsEditでした。今はMarsEdit 4を使っていますが、かなり良い感じで使えています

クリップボード拡張アプリとして「Clipy」を使っていますが、スニペット機能がマジで便利

Dashは、Alfred 3がスニペット機能を実装したのでもう使ってませんが、Clipyは毎日使ってます。メッチャ便利なので、是非使ってみてね

確か、Mac App Storeに無かった気がするので、検索してダウンロードしてみてください!

6 できあがり!

これで、部長ナビのブログはできあがりです

記事更新のお知らせ(Twitter、Facebookページ)はdlvr.it、過去記事の紹介はbufferを使っています

以上、こんな感じでしたが、いかがだったでしょうか?

僕は毎日こんな感じでブログ書いてますが、最近は、レビューじゃ無ければ写真撮らなくなりました。現像が面倒で・・・。時間もないし・・・。時短で出来るのが一番なので、サクサク書ける15インチ MacBook Pro 2016は最高ですね

参考になるか、わかりませんが、Macでブログを書きたいけど、どうすれば良いかわからないぜ〜って方は関連記事まで目を通していただけると、少しは書けるようになるんじゃ無いかな、と思ってます

僕は15インチ MacBook Pro 2016で更新する大きな理由が「ATOK」と「MarsEdit 4」、「Alfred 3」、「PhotoBulk」ですね〜

この辺のアプリを使ったことがあると、もう病みつきになりますので他の使えなくなります。マジで

んじゃ、楽しく、快適なブログ環境を構築するために、皆さん頑張りましょう〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

部長ブログ塾カテゴリの最新記事