α7RⅡ、Canonで言うところの「絞り優先モード」は「Aモード」

α7RⅡ、Canonで言うところの「絞り優先モード」は「Aモード」

IMG 7608

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

絶賛大活躍中の、フルサイズミラーレス「α7RⅡ」ですが、僕は今までEOS 80Dを使ってきたので、「Canonと違うところ」を紹介します!

絞り優先モードは「Aモード」

僕が、Canon機で使っていたのは、ほぼ「Avモード」でして、これが「絞り優先モード」と言います

F値を優先的に決めていくモードなので、ボケ感とか、明るさを自分で調整して撮影することが出来るモードです

これをよく使って、ボケた写真を撮ってそれらしく記事を書いていたんですが、SONY機である「α7RⅡ」は、当然Avモードが無いので、どれなのかなーと思って調べたら「Aモード」でした

初めて使う場合はわからないと思うので、紹介しておきます

使ってるレンズが「F4通し」なので、常にF4で撮ることが可能

僕の使ってるレンズは、Vario Tessar T* 24-70 F4と言いまして、いわゆる「F4通し」のレンズです

コレは、24mm側で撮っても、70mm側で撮っても、F値は「4」を使えるという事なんですね

ちなみに、FEレンズ(フルサイズ・Eマウント)には、SIGMAとタムロンの同じくらいの焦点距離の「F2.8通し」があります

なぜ、それを買わなかったかというと、「売り切れ」だったんですよ。全然売ってない

マップカメラに入荷したと思ったら、すぐにまた売り切れちゃうくらいの人気レンズなので、いつかはボケ感がさらにナイスになる「F2.8通し」のレンズが欲しいなぁ、と思っています

レビュー写真撮影は、ボケすぎると、商品の情報が伝わらないので、ボケりゃ良いってもんじゃなく、難しい

僕は、ずっとApple関連のレビュー写真を撮ってきたわけですけど、レビュー写真って、商品全体を写す必要があるモノも多く、F値を低くして「とにかくボケさせろ」では通用しないのが難しい所なんです

バランスが大切で、それが素人にはすごーく難しいので、日々精進してます

フルサイズのボケ感をうまく使って、今後、レビュー写真を撮っていきたいと思っているので、皆さんの温かいアドバイス、お待ちしておりまーす

↑こちらのレビューもどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

α7RⅡカテゴリの最新記事