iOS 12、Screen Time(スクリーンタイム)を詳しく紹介!子供のスマホ使いすぎを防ぐ!アプリの使用時間制限が簡単にできるぞ!

iOS 12、Screen Time(スクリーンタイム)を詳しく紹介!子供のスマホ使いすぎを防ぐ!アプリの使用時間制限が簡単にできるぞ!

IOS12 AppLimits ScreenTimeNotification 06042018

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

iOS 12の目玉機能だと勝手に思っている「Screen Time」がかなりヤバいので紹介する!

今まで、英語だらけでよくわからなかったのだが、日本語のページが公式サイトのNewsRoomにあったので、そのまま紹介するぜ!こりゃあヤベえぞ!

基本的に「保護者が子供の使いすぎを制限する機能」だと思えばNICE

大人が自分のスマホ使いすぎを制限するってよりは、子供の制限をムリヤリかけて、使えなくする、ってのが一番わかりやすいと思う

大きなポイントとして、「ファミリー共有と連携しているため、親が子供のデバイスに対して、遠隔操作可能」ということ

簡単に言うと、単身赴任で、僕は一人暮らし、家族は盛岡とかなり離れているのだが、ファミリー共有で全部つながっているので、子供の使用状況を見て、時間制限をかけることが単身赴任先から可能、ということ、これ、マジでヤバい

僕の周りでも「YouTube見過ぎで目が悪くならないか心配」という声を良く聞く

子供はテレビを良くみるものだが、スマホの場合は距離が近いため、ずっと見続けていると目に悪いのは誰にも明らか

それを防ぐことの出来るScreen TimeはかなりNICEだと言えるし、我が家でも早く使いたいところ

子供から延長を求めることも出来るらしいが、それは黙っていた方が良い

公式サイトでは、子供が使用時間の延長を求めることができる、とあるが、コレは言わない方が良いだろう

なぜなら、「なんで延長してくれないんだよ」とキレる子供が出てきて、親が押しきられるケースがあると思うから

ウチは大丈夫だが、心配なので、これは親だけが知っておく機能として心にしまっておこう(特に子供が小さい場合)

ウチは中1と、小4なので、ただ単に時間制限をしたいだけ。前は「ゲーム、YouTubeは18:30まで」と決めて、僕が帰って子供達に「よし、終わりだ」と注意していたのだが、奥さんが帰りが遅いので、単身赴任となった今は注意できていない状況にある

iPhone自体がアプリ制限で時間が来たら使えなくなれば、諦めてやめるだろう

IOS12 Screen Time 06042018

このように、アカウントごとに使用時間を確認できるから、長男、次男で、使用アプリの制限、時間の制限を分けることも可能

それが素晴らしい

Google Wifiを買おうと思っていたのは、「子供のネット接続時間を制限できるから」なのだが、ネット接続しなくても出来るゲームはあるので、あまり意味がなかった

それはわかっていたが、どうしようも無い、というのが現状だったので、今回のこのアップデートによる新機能は、保護者にとってかなり嬉しいものとなるだろうし、子供もルールを守ってゲームをしたり、YouTubeを見たりできるようになるだろう

設定について

IOS12 ScreenTime Allowance 06042018

上の画像にあるとおり、「DownTime」←使えない時間、「App Limits」←アプリごとの使用制限、「Always Allowed」←いつでも使えるアプリ(電話などが該当するのか?)と、メニューも分かりやすい

DownTimeは、夜、勝手に子供がiPhoneを使わないようにできる機能らしい。これはNICE

IOS12 AppLimits DeviceDowntime 06042018

こんな感じ

夜10時から朝7時まではiPhone使えません、的な設定を親が指定できるってこと

前にも言ったけど、高校3年生、受験生にもピッタリな機能だと思っている。スマホを使えなくすれば、通知で勉強が中断されることもない

しかも、それが、親が設定できる、これが素晴らしい

IOS12 Screen Time Limit 06042018

右にオレンジ色のアイコンがあるのが「時間設定」がかかっているアプリだろう

上の画像だとInstagramがそうなのだろうか

とにかく、ゲーム、YouTubeで使えば、子供の使いすぎは間違いなく撲滅できるだろう

まとめ

僕はベータ版を使っていないので、試すことは出来ないのだが、早く秋が来ないか、今から楽しみで仕方ない

我が家では、1つのゲームあたり30分の制限時間を設ける予定

いつもやっているのは2〜3つだろうから制限をかけ、YouTubeも20分くらいで制限をかければOK

後は19時から翌朝9時まで使えないようにすれば、土日の夜にやったり、早朝起きてゲームしたり、ってことも無くなる

良いことばかりしかないように見えるScreen Timeだが、子供の反抗も十分に想定できる

そこの普段のしつけと信頼関係の構築でうまく交わせるか、この辺が保護者の「親力」にかかってくると言えるだろう

Screen Timeはかなり使える機能だが「ただ制限する」のではなく、「なぜ制限するのか」理由を言うのも大事。ウチも時間をかけて秋までに子供達をしっかり納得させて、時間制限をかけていきたいと思う

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iOS 12カテゴリの最新記事