Face ID対応のiPadと思われる情報が、「iOS 11.3」の中から発見される

Face ID対応のiPadと思われる情報が、「iOS 11.3」の中から発見される

Face ID

こんにちは。部長ナビ(@nabi1080)です

先日リリースされた開発者用の「iOS 11.3 Beta」の中から、Face ID搭載iPadに関する情報らしきモノが見つかったとのこと。紹介する!

「Modern iPhone」がiPhone Xを差していた。今回発見されたのは「Modern iPad」と言う記述

以前、iPhone Xがコード内で「Modern iPhone」と書かれていたことから、今回発見された「Modern iPad」と言う記述は、Face IDを搭載したiPadに関しての情報なのではないか、と推測されている

昨年から、2018年にはベゼルレスのFace ID搭載iPadが出るのでは無いか、という話は出ていたのだが、コードの中に、実際にiPhone Xと同じルールで記述されたモノが見つかるという事態に、iPad利用者は興奮を隠せないだろう

教育現場で考えると、授業で使う場合ベゼルレスは意見が割れる

当ブログは教育に関する記事を中心にして、Apple情報も更新するブログとして運営している

僕自身が、アクティブラーニング+対話型授業+ICTということで、iPadを用いた授業を展開、公開しているのだが、同じようにiPadを使って授業をしている同業者から話を聞いてみると、Apple TVにiPadの画面を飛ばしてプロジェクタから投影している場合、教室内を自由に歩き回ることができる

その際、当然だが、iPadを「持って歩き回る」事になるので、ベゼルレスは持ちづらいのでは無いか、と言う声が多い

逆に、有線でプロジェクタとiPadをつないで授業展開をしている場合は、教卓の周りしか動けないことになるので、その際はベゼルレスでも何でも関係なくイケると言うことになる

このように、どう、授業にiPadを使うかによって、ベゼルレスがどうなのか、と言う「賛否両論」が出ることになるのだ

僕自身は、Apple TVを購入して今後は公開授業をしていく予定なので、ベゼルレスiPadは買う予定がない。明らかに持って歩くとき、画面に指が干渉することが目に見えているからだ

10.5インチ iPad Proで、横のベゼルがかなり薄くなったが、アレでもかなり「持ち歩く」には持ちづらいことを実感しているので、わざわざ使いづらいモノを持つ必要は無いように思っている

ただ、普通の人は教員では無いので、KindleやNetflix、YouTube、ネットサーフィンを考えれば、当然画面は大きい方がいい。そう考えると、用途によって、ベゼルレスはiPadの場合「必要か不要か」が大きく分かれることになると想像できる

僕は教育業界に生きているので、今後ベゼルレス化が進み、それしか買うモデルがない、となった場合は、仕方なく買うかもしれないが、今、12.9インチ iPad Proで十分満足しているので、あと2〜3年はiPadは買わずに現状のまま仕事で使っていきたいと思っているところだ

12.9インチ iPad Proについてのレビューも後ほどする予定なので、待っていて欲しい。ロイロノートの添削機能との連携はハッキリ言って最強だ。まさに教育、添削用iPadとして12.9インチ iPad Proは最強のタブレットと言えると断言できる。毎日使っている僕が、これから、12.9インチ iPad Proを使った公開授業、ロイロノートの活用方法についても記事にしていきたいと思っているので、おたのしみに!

(via gori.me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iPadニュースカテゴリの最新記事