【レビュー】10.5インチ iPad Proを3日使って分かった9つのこと〜9.7インチProと徹底比較。買い替えるべきか?〜

【レビュー】10.5インチ iPad Proを3日使って分かった9つのこと〜9.7インチProと徹底比較。買い替えるべきか?〜

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー02

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

10.5インチ iPad Proを購入して3日が経った。僕はiPad Proを毎日使うので、使って使って使いまくった

そしてわかったことがある。それを皆さんにお届けしよう。当然、まだ手元にある9.7インチ iPad Proとの比較である事は間違いない

僕が1年間、ほぼ毎日使っていた9.7インチ iPad Proと比べ、10.5インチ iPad Proはどうなのか?

「実際に毎日使っている僕だから分かること」を書いていこうと思う

んじゃ、行くぜ!

1 「ヌルヌル」は本当。9.7インチ iPad Proが「カクカク」とは言わないが、滑らかさが全然違うのは明らか

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー04

とにかく、10.5インチ iPad Proは「ヌルヌル」だ。スクロールがヤバすぎる

毎日使ってないと、イマイチピントこないかもしれないが、僕はマジで毎日1年間使ってきたので、この変化には正直ビビった。「ここまでか・・・」と

マジでヌルヌル。ヌルヌルしすぎて困っちゃうくらいだ。ああ。困る

2 アプリ起動が爆速過ぎて軽く泣ける

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー05

コレはTweetbot 4をタップした瞬間を撮ったモノだが、とにかく、アプリの起動が爆速

タップした瞬間にアプリがドーンと開く感じで、ワンテンポとか、ちょっと待つとか、そういう概念が一切無い。とにかく「タップした瞬間にこんにちは」だ

あまりにも早くて、最初「ウオッ」って言った。メチャクチャ早い。ビビる。早すぎる

毎日アプリを色々切り替え、様々な場面で僕は9.7インチ iPad Proを使っていた。その僕が「ウオッ」ってなるくらいマジで速い。衝撃だ

3 全然重く感じないのは、開封レビューの通り

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー10

なぜかは知らないが、全然重く感じない

大きさもほとんど変わってないので、確かに33gは重くなったのだが、ほとんど違いを感じない

僕は、ほぼ毎日、「片手」で「立って持って」使うのだが、全然重さを感じない。不思議だ

重さや大きさで悩んでいる人は、自信を持って「行っても良い」と言えるだろう

4 Apple Pencilは「別次元」。「字を立って持って書く」人にとっては、ハッキリ言って別物レベルの進化

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー06

僕は、10.5インチ iPad Proを立って持って3日使ってみた。Apple Pencilで手書きをするのは、いつも通りGoodNotes4だが、ここで驚くべきことが起こった

Apple Pencilを追従する機能が進化したというのは、Appleの基調講演の通りで、各ブログで速報が出されているところだが、正直、ここまでとは思わなかった

もちろん、「紙と同じ」とは言わないが、僕の使い方である「他人の授業を聞きながら、発問や生徒の対応について、所見をパパッとメモする」のには、「かなり高速で走り書き」をすることが必要だ

そういう用途において、10.5インチ iPad Proは驚異的な能力を発揮する

明らかに9.7インチ iPad Proとは書き味が違う。「後から線が付いてくる」のではなく「一緒に線が軌道を描く」とでも言えば良いだろうか?

とにかく、書いていて、違和感が一切無い。9.7インチ iPad Proに戻すとよくわかるのだが、「ちょっと遅れて線が付いてくる」のだ。これが、10.5インチ iPad Proでは全然感じない。非常に快適に字が書ける

ゆっくり書く人には別に必要の無い進化だと思うが、僕のように高速で文字を書く必要がある人には、とても素晴らしい進化と言える

ハッキリ言って、10.5インチ iPad Pro、別物だ

5 ベゼルが狭いので、立って持って書くと、指がサイドにかかる

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー09

パームリジェクションが効いているので、特に問題は無いが、立って持って書く場合、このように左手の親指、そして手の腹の部分がベゼルを通り越して、液晶部分にかかる

コレは使っていて分かったのだが、ここまでベゼルを薄くする必要は無かったかな、というのが本当のところだ

ただ、10.5インチ iPad Proというのは、「プロユース」を想定しているはずなので、「絵を描く」人にターゲットを設定しているのはよくわかる

しかし、僕のように「教育分野」でも非常に使える 機材である事は言うまでも無いので、「10.5インチならではの「持って使う」という選択」をする場合はこのベゼルが薄いのは不便だと感じた

6 Smart Keyboardはちょっとした変化だが、劇的に打ちやすい

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー08

左が10.5インチ iPad ProのSmart Keyboard、右が9.7インチ iPad ProのSmart Keyboardだ

ちょっとした違いだが、キー自体が大きくなったので、余裕が出来て非常に打ちやすく、ミスタイプが減った

メールやSNSの多くの部分を10.5インチ iPad Proが担ってくれるので、コレは嬉しい進化だ

簡単な文章の下書きや、会議の議事録等も10.5インチ iPad Proは大活躍なので、それを考えるととても素晴らしい使い心地と言える

7 やはり、Smart Keyboard、Apple Pencilを使うなら、セルラーモデルだと確信した

10.5インチ iPad Pro 開封16

Smart Keyboardは簡単なメモや下書き、そして、メール、SNSに使っているのだが、こういう用途の場合、セルラーモデルはマジで使い勝手が良い

Macと違って、開いた瞬間にネットにつながるので、すごく便利だ

Wi-Fiモデルは「自宅」や「常にWi-Fiがつながるところ」で使う分には良いと思うが、僕が使うのは「学校」や「外」だ。Wi-Fiなど無い

確かに、セルラーモデルはGPSが使えるので、カーナビ代わりにもなるが、それ以上に、作った文章をすぐ送れる、書いたメモをすぐ同期できる、そういったちょっとしたことが「毎日使うガジェット」では大事なのだと分かった

Wi-Fiモデルを否定するわけでは無い。岩手がそういう環境に無いだけだが、僕はいつでも通信ができるセルラーモデルをぜひ薦めたい

8 Evernote、メモ帳での簡単なメモに大活躍

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー12

僕は様々な情報をEvernoteで一元管理しているが、純正のメモも使っている

内容によって、入力するモノを分けている感じだ

Evernoteに入力したモノは、基本的に10.5インチ iPad Proか、iPhone 7でしか見ない。Macではほとんど見ることが無い。それくらい、僕は、10.5インチ iPad Proを使いまくっているのだ

Macはあくまで「クリエイティブ」な作業に使うものであって、簡単なメモを始めとした「軽作業」をするのに、10.5インチ iPad Proは非常に優秀だ

以前、僕は「コンテンツ消費マシン」として紹介したこともあるが、職場で毎日使うと言うことは、当然、職場でコンテンツは消費しない(音楽聴いたり、YouTube見たりしない)ので、「職場の仕事の大部分を占める軽作業」を10.5インチ iPad Proが担うことになる

そういう時、軽さ、大きさ、起動の速さ、Smart Keyboardの入力の楽さ、全てにおいて、僕は10.5インチ iPad Proに満足している

ほとんどの「軽作業」は、「メモ」であるので、Fantastical 2の起動も、2Doの起動も、全てが爆速な10.5インチ iPad Proは、最高の相棒と言えるだろう

9 やはり、MarsEdit、PhotoBulkの代わりは10.5インチ iPad Proには出来ない

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー11

僕は、Mac用のアプリ「MarsEdit」で記事を書き、写真のリサイズとウォーターマーク処理を「PhotoBulk」で行っている

色々エディタを探し、試してみたが、やはり、10.5インチ iPad Proは「軽作業」マシンだ

ショートカットを満載したMarsEditにおける記事執筆速度には到底敵わず、PhotoBulkのiOS版も無いため、結局、Lightroomを含め、Macで作業をしてから記事を書くことになるので、それなら、最初から15インチ MacBook Pro 2016でいいじゃん、という結論になるのだ

だから、多くの人に要望されていた「どこまでブログ書きに使えるか」については、僕のMarsEditの使い方、PhotoBulkの使い方を考えると、「無し」だと思えた

ただ、10.5インチ iPad Proでブログが書けませんと言うことではない

僕のMarsEditの使い方と同じ作業ができない以上、10.5インチ iPad Proにブログ書きの機能を求めるのをやめようと思っただけだ。別に15インチ MacBook Pro 2016で書けば良い。それだけの話なので、当然、10.5インチ iPad Proでブログを書いているブロガーの方もガンガンいるだろうから、その辺は調べて真似してみて欲しい。僕はMac+MarsEdit+PhotoBulkだ。コレは譲れない

まとめ

10.5インチ iPad Pro 3日レビュー07

さて、3日使って気付いた9個のことを書いてみたが、いかがだっただろうか?

ここで、結論を皆さんにお伝えしよう

結論:9.7インチ iPad Proがあるなら、買い換え不要

コレが僕が3日使って得た結論だ

確かにヌルヌルだ

確かにApple Pencilはヤベえ

確かにSmart Keyboardは打ちやすい

でも、それは、9.7インチ iPad Proでもできることだ。進化はしているが、9.7インチ iPad Proで「困る」ことはほとんどないだろう

僕は3日間の使用で「コリャスゲエ」と思ったが、「絶対オススメだから、今すぐ買い替えて!」って結論にしようかな、と思ったとき、9.7インチ iPad Proを持っている人に「そこまでして買い換える必要がありますか?」って聞かれて「絶対買い替えて」って言う自信がない

良くはなっているが、それは、9.7インチ iPad Proも同じこと

僕は実際、1年間毎日9.7インチ iPad Proを使ってきたのだ。どんなに進化していても、9.7インチ iPad Proを毎日使っていた事実が「9.7インチ iPad Proで問題無い」ことを示している

素晴らしく進化したこの10.5インチ iPad Proだが、iOS 11が出た後であっても、9.7インチ iPad Proを持っているなら僕は買い換える必要は特にないと思う

じゃあ、逆に「買い替えた方がいい人」はどういう人だと思うか?

多分、こういう質問もあるだろうから、先に書いておこう

次の人は買い替えると幸せになれると思う

・立って持ってApple Pencilを「早く書く」必要がある人

・座ってでも、Apple Pencilを使って「早く書く」必要がある人

・アプリの切替が頻繁で、とにかくずっとSmart Keyboardを打ちまくっているような人

・iPad Air 2以前のモデルからの買い換えを考えている人

・iPad mini 4の人(某たけP)

・高速であればあるほど、快感を感じる人

・新製品をレビューせずにはいられないブロガー

こんな感じだ

旧モデルからの買い換えや、miniからの買い換えは十分満足できるだろう

ここでは触れなかったが、当然、9.7インチ iPad Pro同様、4スピーカーによるNetflix視聴などは素晴らしいの一言だ

Kindleも素晴らしいし、とにかくコンテンツ消費マシンとしてはかなり優秀

しかし、僕は、10.5インチ iPad Proを「クリエイティブ」に使っていけるのではないかと感じている。そうだ。Apple PencilとSmart Keyboardで。

Macにはなれないが、iOS機器はここまで進化したのか、と思わせてくれるできばえの10.5インチ iPad Pro

もし、このレビューを読んで「ヤベえ」ってなったら、ぜひ実機を触ってもらって、気に入ってもらえたら、購入してみるのも悪くないと感じた

15インチ MacBook Pro 2016のように、キーボード自体が変わったとか、入出力がUSB-Cだけになったとか、そういう変化は無い

しかし、僕にはとても魅力的に映った、「使いようによっては、かなり進化を感じられる」10.5インチ iPad Pro

「毎日使う」なら、オススメだ。

皆さんが知りたかった「買い替えるべきか?」に焦点を当ててお送りしてみた。一人でも多くの迷える「iPad」ユーザーの参考になることを願う

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iPad Proカテゴリの最新記事