【レビュー】iPhone X用Spigenケース6種類一挙紹介。薄型軽量、耐衝撃、クリア、手帳型、あなたにピッタリのケースはどれ?

【レビュー】iPhone X用Spigenケース6種類一挙紹介。薄型軽量、耐衝撃、クリア、手帳型、あなたにピッタリのケースはどれ?

iPhone X ラギッドクリスタル08

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

iPhone Xを購入して、まず考えるのが「ケースをどうするか」だと思う。特に、今回、修理代金が異常なほど高い、このiPhone Xで、ケース選びというのは慎重にならざるを得ないが、Amazonのレビューだけで買うのも少々心許ない

今回、Spigen Japanから6種類ものiPhone X用ケースをサンプル提供いただいた

この1記事のみで、全ての写真、説明を見ることができるように、比較しながら6種類のケースを紹介したいと思う。

上から順番に、薄型軽量、下に行くにしたがって、耐衝撃性(と、見た目のゴツさ)が上がっていき、最後が手帳型、という順番でレビューしていくので、好きなところから見ていただきたい

なお、僕の個人的な好みとして「片手使用」が基本なので、薄型軽量が好きだ、と言うことを知っておいていただけるとよろしいかと思う。ガッツリ米軍MIL仕様のケースじゃ無きゃイヤだ!という方もいらっしゃると思うが、僕が重視するのは片手での操作感だ

下の方はガチの耐衝撃ケースなので、耐衝撃を最重要視する方は真ん中当たりからご覧いただくとよろしいかと思う

では、行ってみよう!

1 薄型軽量ならコレ!手触り抜群「THINFIT(シンフィット)」

iPhone X THINFIT01

まず、最初のケースは僕的には最高に大好きな「薄型軽量」モデル「THINFIT」だ

ヌメヌメ感も素晴らしく、軽くて僕的には一推しのケースだ

iPhone X THINFIT02

外観はこんな感じ

一見手触りもカッチカチに感じるが、触り心地はヌメヌメといった方が良いだろう。NICE手触り。そして、薄くて軽量なので、操作感としては最高だと思う

iPhone X THINFIT03

裏面はSpigen独自のパーツを入れることができる仕様だ

ご覧の通り、「上部もフルオープン」なのが、このケースの大きな特徴

iPhone X THINFIT04

ハメてみるとこんな感じ

いかに薄いか、横を見ていただければ分かるだろう

iPhone X THINFIT06

音量ボタンもくり抜きで、軽量化を図っている

下部、上部もフルオープンで、とにかくオープンなのが、このケースの特徴だ

iPhone X THINFIT08

サイドボタンもオープン

実際に本体のボタンを押せるので、当然だが、押しづらいと言うことは一切無い

iPhone X THINFIT09

カメラ部分もしっかりガード

遊び心というよりは、最低限のケースの役割を果たしつつ、極限まで薄型軽量にこだわった、そんなモデルで、僕はそれが大好きだ

iPhone X THINFIT10

手触りはヌメヌメ

最高に持ちやすい。滑って落とすことも無いだろう

マットブラックは記事公開時点で1350円。Amazonへの直リンクはこちらからどうぞ!

2 耐衝撃性もアリの薄型ケース「リキッドエアー」

iPhone X リキッドエアー01

次に紹介するのは、リキッドエアーで、シンフィットよりは厚みがあるのだが、その代わり耐衝撃性もシンフィットより増している感じだ

ある程度薄型軽量だが、衝撃にも強いケースが欲しい、なんて人にピッタリだと思う

こちらは、Amazonの説明によると米軍MIL規格取得の耐衝撃ケースとのこと。しかも、薄くて軽量なのと、手触りが良いので、デザイン性で選びたい人にもオススメだ

iPhone X リキッドエアー02

外観はこんな感じ

シンフィットよりは厚みがあるのがよくわかる。その分、米軍MIL規格取得だ

iPhone X リキッドエアー03

内側は耐衝撃性が良く分かるスパイダー状のラインが引いてある

Spigenの耐衝撃ケースの大きな特徴と言えるだろう

iPhone X リキッドエアー04

右上に小さく見える「Air Cushion Technology」のロゴ

コレがあるケースは、四隅を空間(Air Cushion)で保護し、高い耐衝撃性がある、ということだ

落とすのはだいたい四隅からだと思うので、その辺もバッチリ対策済み。その分、少し厚みは出るが、修理代を考えれば安いモノだ

iPhone X リキッドエアー05

装着するとこんな感じ

やはり、シンフィットに比べ、厚みが出る。ここをどうするか、よく考えて欲しい

iPhone X リキッドエアー06

下部もバッチリガード

iPhone X リキッドエアー07

音量ボタンも上から押すタイプだ

iPhone X リキッドエアー08

サイドボタンも上から押すタイプ。本体はガードされている

iPhone X リキッドエアー09

カメラ部分もガッチリガード

iPhone X リキッドエアー10

背面はサラサラな手触り

この独特のパターンデザインが気に入ったら、ぜひ、リキッドエアーを試してみて欲しい

Amazonへの直リンクはこちらからどうぞ!

3 クリアケースの決定版!UltraHybrid(ウルトラハイブリッド)

iPhone X UltraHybrid01

お次は、「クリアケースじゃ無きゃイヤだ!」という方のためにSpigenが用意した「ウルトラハイブリッド」だ

当然コレも米軍MIL規格取得の耐衝撃ケース!クリアなのになかなかの実力だ!

iPhone X UltraHybrid02

表、裏両面にホコリ防止シールが貼ってあるのが特徴

コレを剥がしてiPhone Xに取り付けることになる

iPhone X UltraHybrid03

当然、Air Cushion Technologyのロゴ入り

四隅もバッチリだ

iPhone X UltraHybrid04

装着するとこんな感じ

やはり、米軍MIL規格取得のケースはある程度厚みが出るのは仕方ないことだと思う

何を取るか、よく考えて、ケース選びをして欲しい

iPhone X UltraHybrid05

下部もバッチリガードだ

iPhone X UltraHybrid06

音量ボタンもガードされていて安心

iPhone X UltraHybrid07

サイドボタンもガードタイプだ

iPhone X UltraHybrid08

カメラもOK!

クリアケースだが、ウォーターマークも出ない仕様で、非常にNICEな耐衝撃ケースと言えよう

クリアケースなら、コレが一推し。耐衝撃性も高く、しかも安いのでマジで良い感じだ

Amazonへの直リンクはこちらから!

4 デザインがとにかくカッコいい!耐衝撃ケースの決定版「ラギッドアーマー」

iPhone X ラギッドアーマー01

お次はラギッドアーマー

耐衝撃ケースの中でも抜群の人気を誇るケースだ

iPhone X ラギッドアーマー02

とにかく、この外観がカッコいいと大評判

Appleロゴが見えるのも特徴だ

iPhone X ラギッドアーマー03

当然、米軍MIL規格取得の耐衝撃ケース

落下の衝撃からバリバリ守ってくれるぞ

iPhone X ラギッドアーマー04

装着するとこんな感じ

表から見た目は、他の耐衝撃ケースとさほど変わらない

iPhone X ラギッドアーマー05

下部も文句ない防御だ

iPhone X ラギッドアーマー06

音量ボタンも安心!

iPhone X ラギッドアーマー07

サイドボタンも落としまくっても問題無いぞ!

iPhone X ラギッドアーマー08

カメラの保護部分が他と違うデザイン

そして、上下のこのデザインがとにかく個性的でカッコいい

AppleロゴもNICE!さらに耐衝撃!もう、言うこと無いラギッドアーマーだが、本当にSpigenのケースは悩ませてくれる

しかも、安いので、2〜3個買ってしまいそうなのが危険だが、思い切って、数種類買ってみて、それぞれ試してみるのも楽しいだろう

時にはクリア、時にはガッツリ耐衝撃、ってのも悪くない

iPhone X ラギッドアーマー09

Spigenのロゴもさりげないカッコ良さ

たまらない魅力満載のラギッドアーマーも思った以上の安さで絶賛販売中!

Amazonへの直リンクはこちらから!

5 「ラギッド」シリーズのクリアバージョン!「ラギッドクリスタル」

iPhone X ラギッドクリスタル01

お次はラギッドシリーズの熱い血を受け継ぎながら、クリアを可能にした「ラギッドクリスタル」だ!

iPhone X ラギッドクリスタル02

外観はこんな感じ

見て分かるとおり、四隅がゴツくてカッコいい!

iPhone X ラギッドクリスタル03

ハメてみるとこんな感じ

やっぱり四隅がゴツい

iPhone X ラギッドクリスタル04

こんな感じで、四隅完全ガード

絶対落としても大丈夫、という安心感がクリアケースに欲しい方にはピッタリだ!

iPhone X ラギッドクリスタル05

下部もバッチリ

iPhone X ラギッドクリスタル06

音量ボタンもガード

iPhone X ラギッドクリスタル07

サイドボタンもバッチリガード!

iPhone X ラギッドクリスタル08

カメラもバッチリ

あまりの格好良さに、コレをアイキャッチにした

ウォーターマークの問題(滲んだようなシミが出る)がクリアケースにはつきものだが、その対策もバッチリである事が裏面の「ポツポツ」でわかる。ケースとiPhone Xが密着しないような工夫だ

なお、ケースの外箱には、ウォーターマークが万が一出たときの対処法の紙も入っていた。親切な対応に感謝!

クリアケースが欲しいけど、ハードに落とすことが多い、そんなアナタにピッタリのラギッドクリスタル!

Amazonへの直リンクはこちらから!

6 ラストは手帳型ケース「Wallet S(ウォレットS)」

根強い人気の手帳型ケースもSpigenでは登場していて、iPhone Xにも対応だ!

iPhone X Wallet S01
Amazonでは「ウォレットS」と言う呼び方で販売されている

iPhone X Wallet S02

高級感漂うTPUレザーがあなたを包み込む

iPhone X Wallet S03

開けてみると、左側にカード入れ、右側に本体収納のケースがあるが、ケースはよくよく見るとシンフィットにスゴい似てることに気付く

シンフィットに、外側のTPUレザーをくっつけたような感じのケースだ

iPhone X Wallet S04

裏面を触ってみたが、やっぱりシンフィットっぽいヌメヌメ感が

うーん、どうなんだろう?と思いつつも、ま、そんな感じと言うことで報告しておこう

iPhone X Wallet S05

装着すると、下部はフルオープン。これはシンフィットと同じ

iPhone X Wallet S06

音量ボタンもくり抜きでシンフィットと同じ

iPhone X Wallet S07

サイドボタンもくり抜きで、コレもまた、シンフィットと同じ

iPhone X Wallet S08

手帳の前面を裏側に回して片手で持ってみたが、無理なく裏側に生地が行くので、硬さとか扱いづらさは無い

スムーズに片手モードで使えると感じた

iPhone X Wallet S09

カメラ部分もバッチリガード

このくらい段差があれば落としても大丈夫だろう

iPhone X Wallet S10

ウォレットSの特徴であるスタンド機能はこんな感じ

非常にNICEに立ってくれるので、YouTubeやNetflixの視聴に活躍することだろう

iPhone X Wallet S11

表面には、受話口からつながる穴があるので、閉じたまま通話をすることが可能だ

なお、ベルト部分はマグネットでくっつくようになっているので、内側にクレジットカードを入れるときは向きに注意、という紙が中に入っていたので、気をつけて欲しい

Amazonへの直リンクはこちらから!

まとめ

6種類のケースを一気に紹介したが、いかがだっただろうか?

ケース選びは本当に難しいが、Spigenのケースの良いところは「総じて安い」というところ

コレにより、気軽に試すことができるので、写真を見て、何となく良いな、と思ったら、とりあえず買ってみるか、と思えるところがユーザーに優しい値段設定で嬉しいところだと思う

皆さんも、割ってしまってからでは遅いので、気になったモノがあれば早めにゲットして使ってみて、と言うのをオススメする

Spigenのケースは安いが、品質はバッチリである事は歴代のiPhoneでの人気ぶりが物語っている

低価格で高品質、素晴らしいと絶賛出来るSpigenのケースで、あなたのiPhone Xをステキにガードしてみるのはいかがだろうか?

 

素晴らしいケースを提供いただいたSpigen Japanと、いつも親切丁寧に対応していただく広報のHarukaさんに感謝してレビューを終わろう

アナタにピッタリなSpigenのケースが見つかることを、心から願って

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iPhoneケースカテゴリの最新記事