「やることリスト」ではなく、「やったことリスト」をEvernoteで書くクセを付けると非常に良いことがわかった件

「やることリスト」ではなく、「やったことリスト」をEvernoteで書くクセを付けると非常に良いことがわかった件

Evernote

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Evernote野郎の僕ですが、最近教わってやり始めて「スゲー良い!」とオススメなのが、いわゆる「TODO」リストではなく、「やったことリスト」と言われるものです。これ、スゲー良いので紹介します

転勤して、あまりにもTODOが多くなってきたので、周りの同僚に聞いてみた

2018年4月から転勤し、単身赴任となった僕

それは良いんですけど、仕事量が一気に増えて、ちょっと追いつかなくなるくらい、人生でも初めての仕事量にてんやわんやしています(楽しいけどね)

で、周りの同僚に「TODO管理どうしてますか?」って色々聞きまくってみたのですが、結論から言うと、みんな大体「紙を見えるところに置いて、TODO書いてる」って人が多数で、アプリ使って管理って人はほとんどいませんでした。紙(見えるところに置く)、最強

その中で、一人、「これ、良いよ、オススメ」って教えてくれたのが「やったことリスト専用の手帳」、これが衝撃だったので紹介します

何月何日に、何をやったのか、メモするだけなのだが、「消えない」ので、後で見直すときに進捗状況から全てわかる

僕も数週間やってみたんですけど、非常に良いです、これ

TODOリスト、TODOアプリって「消える」んですよね。やると、消す

で、やったことリストは、やったことを「書いていく」ので、いつやったか、何をやったか、どのくらいやったか、次に残したことは何か、誰とやったか、等、ガンガン書き込むことが出来ます

んで、今回のメインである「Evernote」に、これを書くことで、非常に簡単に検索も出来るし、NICEってことが分かったのです

Evernoteは「やったことリスト」に向いてる

IMG 7502

色々アプリは変えて書いてみたんですけど、一番良かったのがEvernote

書く場所も階層化できるし、検索も最強

純正メモアプリと悩んだんですけど、今はこっち使ってます。純正メモアプリって、階層化できないんですよね。だからあれは「ちょっとした殴り書き」とか、「下書き」とか、「アイディアメモ」として使ってます。あと、備忘録ね

僕はEvernoteと、純正メモアプリを両方使っているので、人によっては純正メモアプリの方に「やったことリスト」書いた方が良い、って人もいるかもしれません。それは全然構わないと思いますが、僕は両方に書いてみて、Evernoteの方が良いな、と思ったので、こっちで紹介します

量も膨大になるし、後で検索するので、そうなると、やっぱり、Evernoteかなー、と思ってました

検索は全ノート対象なので、月で分ける必要も無く、運用もラクです

まとめ

TODO管理で悩んでいる方にオススメな僕のやり方は、「TODOは机の見えるところに、紙に書いて貼る、置く、挟む。常に見えるようにする」ってこと、で、「やったことリスト」をノートでもEvernoteでも純正メモアプリでも良いので、とにかく書きまくる、と言うこと

慣れてくると習慣化できるので、やったことリスト、マジでオススメです。振り返りにもなりますし、途中の仕事のやり忘れが無くなりますので、メッチャ良いです

週1くらいで見直してみると、その週に何やったかも確認できるので、良い感じで翌週につながります

TODO管理でお悩みの方、意外と使える「やったことリスト」、ぜひ試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Evernoteカテゴリの最新記事