2018年モデルのiPhone、廉価版ディスプレイは6.1インチで衝撃に強いが、3D Touch非対応か

2018年モデルのiPhone、廉価版ディスプレイは6.1インチで衝撃に強いが、3D Touch非対応か

IPhone X 2018

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

2017年に鮮烈のデビューを飾ったiPhone X、2018年モデルはどうやら、このモデルがベースとなり、各モデル展開がなされるらしい。今回は、「廉価版」と位置づけられている「6.1インチモデル」について紹介しよう

耐衝撃性に優れたガラスを使用も、3D Touch非対応か

耐衝撃性に優れたガラスの技術に関しては「Cover Glass Sensor(CGS)」と呼ばれ、みんな大好きKGI証券のMing-Chi Kuo氏がこれを予測している

6.1インチモデルは当初「6万円台では?」と情報が出たが、CGSの採用によりコストが上がるため、それを吸収するために3D Touchを廃止したのではないか、とのこと

ちなみに、2019年モデル(来年モデル)は、全iPhoneで「CGS」が採用される可能性があるらしく、その際は、3D Touchが消え去ることもあるらしい。結構使ってるので、3D Touchは無くさないで欲しいのだが、無くなるのだろうか?

今年出ると言われているiPhoneは3種類

上で述べた「液晶ディスプレイモデル」の6.1インチと、iPhone Xの後継機である、有機ELディスプレイモデルの5.8インチ、6.7インチの3種類ではないか、と言うのが大方の予想だ

簡単に言うと、「現行のiPhone 8の大きさはなくなる」と言うことで、一番小さいモデルが「SE」を除くと、iPhone Xの5.8インチ後継モデルになるのでは無いか、と言うことだ

片手持ちの人には非常に大きな問題になると思うので、これについては後で記事を書きたいと思うが、皆さんは2018年のiPhone、一体どうするつもりだろうか?悩ましい数ヶ月がまた続くことになる・・・

(via 男子ハック、image via iDROP NEWS)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iPhoneニュースカテゴリの最新記事