iPhone SE2、「小型化されたiPhone X」として登場か

iPhone SE2、「小型化されたiPhone X」として登場か

IPhone SE2

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

gori.meからとんでもない情報が入ってきた!次期iPhone SEである「iPhone SE2(もしくは、「iPhone SE(2018)」)」が「小型化されたiPhone X」である可能性が浮上したとのこと!興奮気味に紹介する!

そもそも「SE2」と考えるから無理がある、と言う論理

SE2、と言う発想をした場合、「廉価版の小型iPhone」ということから「廉価版」に高機能は搭載されないだろう、と誰もが察しがつく

そもそも、製造が難しく、高コストであるFace IDを搭載すること自体、懐疑的な見方もあったベゼルレスのiPhone SE2だが、今回のgori.me独自の情報網からの記事により、納得いく形で6月のWWDC 2018を迎えることになりそうだ

発表はWWDC 2018、価格はどうなる?

僕が気になる点をいくつか挙げていきたいと思うが、まずは、gori.me独自の情報元によると、WWDC 2018で「新しいiPhone」とした位置付けで、SE2と言われているモデルが「小型化iPhone X」として登場する、と言うことらしい。これは期待したい

gori.meにもあるが、日本でコレが出たら、マジでバカ売れになるだろう

ちなみに、昨日、スタッフでもこの記事について語り合ったのだが、すでに購入を宣言しているスタッフも多く、予約戦争間違いなし、納期1ヶ月後、と言ういつものパターンになりそうな気がしてならない

ちなみに、「小型化されたiPhone X」という考え方であれば「廉価版iPhone」では無いので、そこそこの価格になるだろう。その辺は、購入を考えている場合は覚悟が必要だ

「SEからの値上がり」ではない。iPhone Xが小型化されているので、妥当な値段、と捉えた方が良いかもしれない。iPhone Xは10万を超える高級機種だ

Apple Payやワイヤレス充電、耐水に付いては、gori.meでも「確認が取れなかった」とあるので、期待して待ちたいと思うが、Apple Payはなんとか搭載して欲しいところ

個人的に気になるのは、「ノッチ(画面上の切り欠き部分)」

iPhone Xより、ノッチが狭くなると言うことなのだろうか?

2018年モデルのiPhone Xの後継機はノッチ部分が狭くなる、とも言われているが、今回4インチ版で出ると言われているiPhone SEの後継機扱いモデルは果たして、ノッチの大きさがどれくらいになるのだろう?

高機能なカメラやセンサーをいくつも搭載している部分になるので、そう簡単には小型化できないと思われるのだが、その辺も注意して見ていきたい

さて、気になる情報を書いてみたが、スタッフ、常連さんの間でも話題沸騰中のこの記事について今回は触れてみた

WWDC 2018の速報は、仕事の関係で出せるかどうか、微妙なところだが、可能であれば出していきたい。そして、新しい「小型版iPhone X」についても、出来れば購入してレビューをお届けしたいと思っているので、おたのしみに!

ああ・・・。今年も雨が降るのか・・・。

また、今年も、雨の季節がやってきそうだ。今は、前ブログの過去記事に当たる長期連載を定期的に再アップしているが、ふと、更新が止まったら要注意だ

2018年の物語が、始まるかもしれない・・・

(via gori.me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

iPhoneニュースカテゴリの最新記事