MacBook Pro 2018の第3世代バタフライキーボードはキーキャップの下にラバーレイヤーを入れ静音化か

MacBook Pro 2018の第3世代バタフライキーボードはキーキャップの下にラバーレイヤーを入れ静音化か

MacBook Pro 2018

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

第3世代バタフライキーボードが「いったいどうなんだ」と、激アツな様相を呈しているMacBook Pro 2018だが、iFixitの分解レポートでキーボードに改良が加えられていることがわかった。紹介する!

キーキャップの下にラバーレイヤー

MacBook Pro 2016 and 2018 keyboard diff

iFixitの分解レポートによると、MacBook Pro 2018はキーキャップを外すと、中からラバー状のカバーが出てきた、とのこと

コレが、静音化に一役買っているらしいが、どう見てもコレは、埃侵入防止のため、と見た方が良いだろう

キーボード修理プログラムを発表し、第2世代バタフライキーボードについて散々叩かれているAppleは、集団訴訟も起こされ、大変なことになっている

記事によると、今回のラバーレイヤーは特許を取ったモノらしいが、それを持って「キーボードが改良された」という事は出来ないらしく、「デザインは同じだが、静音化された」というにとどまっているそうだ

MacBook Pro 2018 rubberized layer

↑今回使われている特許と言われているモノ

個人的には、埃混入防止策がとられていれば、全然OK

僕は、1回キートップを交換し、2回目の修理でUSB-Cボードを交換し、で、この間、「B」のキーかな?が、多分埃のせいで、効きが悪くなった

今はg.O.R.iさんに勧められたエアーダスターを使って何とか難を逃れたが、ハッキリ言ってこのまま使うのはストレスだと、ずっと思っている

キーボードカバーも買ってみたが、打鍵感にイマイチなじめずにいるのも事実

だから、今回のMacBook Pro 2018の「改良」は大歓迎

修理に金はかかっていないが、次買うとしたら、AppleCareを必ず付けるだろう。マジで、保証が3年とか、絶対必須だと思う。マジで

今壊れたら、有償修理だからね。恐ろしくて部屋の隅で一人で泣いている状態だ。シクシク・・・

っつーワケで、皆さんは今回のこの情報を元に、果たしてMacBook Pro 2018、どうするつもりだろうか?

 

え?僕?

 

2016あるしなぁ・・・。買わない予定、かな?(多分)

 

え?長期連載始まってる?

 

気のせいですよ(;´Д`) 

(via Appleちゃんねる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Macニュースカテゴリの最新記事