Apple、MacBook Pro 2018において「高負荷時にクロック数が低下するファームウェアの不具合」を認めアップデートを提供すると発表

Apple、MacBook Pro 2018において「高負荷時にクロック数が低下するファームウェアの不具合」を認めアップデートを提供すると発表

15インチ MacBook Pro 201817

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Appleは現地時間7月24日に各メディアに「11日に発表したMacBook Pro 2018について、熱管理システムに関するファームウェアで、特殊なデジタルキーの設定がされておらず、高負荷時にクロック数が低下する問題が確認できた」と通知した模様。紹介する!

対応したアップデートを提供する、と発表

Appleは、この問題でユーザーに謝罪するとともに、本日リリースする「macOS High Sierra 10.13.6 Supplemental Update」で、この問題を修正し、今後はWEBサイトの通りのパフォーマンスが期待できるとしている

記事執筆時点で、macOS High Sierraのアップデートは来ているので、MacBook Pro 2018を買った方は速攻アップデートするのがオススメだ!

僕もするので、本気モードの高速化を、ぜひ体感してみたい!

(via Appleちゃんねる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Macニュースカテゴリの最新記事