Apple、2015年以降のバタフライキーボードの入力不具合に対する「キーボード修理プログラム」を発表

Apple、2015年以降のバタフライキーボードの入力不具合に対する「キーボード修理プログラム」を発表

15インチ MacBook Pro 201703

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

とうとう来た。バタフライキーボード修理プログラムをAppleが正式に発表した。紹介する!

対象は「2015年以降の12インチ MacBook」「2016年以降のMacBook Pro」

Appleサポートから発表された文章は以下の通り

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

・文字が勝手に反復入力される

・文字が表示されない

・押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

Apple または Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook および MacBook Pro のキーボードを無償で修理させていただきます。

修理内容はキーボードの検査後に決まります。

1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。

対象となるMacBookの詳細

スクリーンショット 2018 06 23 06 46

MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)

MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)

MacBook (Retina, 12- inch, 2017)

MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)

MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)

MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)

MacBook Pro (15- inch, 2016)

MacBook Pro (15- inch, 2017)

↑これ以外は対象外なので注意

修理方法

Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店に問い合わせるか、以下のリンクからサポートページに飛んで手続きをして欲しい、とのこと

ちなみに、Appleの方で「修理プログラムの対象か」を確認してから修理するそうなので、プログラムの対象じゃ無い、と判断された場合は当たり前だけど修理してくれないので注意

やっと、というか、待ちに待った修理プログラム。コレで、1年を経過してAppleCareに入ってない僕もガンガン15インチ MacBook Pro 2016を使いまくれる、と言うことで、moshiのキーボードカバー外すぜ!キーボードカバーなんか付けてられるかあああああああああ!!!!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

MacBookカテゴリの最新記事