【レビュー】15インチ MacBook Pro 2018を6日使ってわかった10のこと

【レビュー】15インチ MacBook Pro 2018を6日使ってわかった10のこと

15インチ MacBook Pro 201803

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。

15インチ MacBook Pro 2018が来て、6日使いまくった。

使って使って使い込んだ。そして、わかったことがある。

当ブログ好評企画「○日使ってわかったこと」レビューの15インチ MacBook Pro 2018版だぜ!いつも通り自分らしく「使ってみて初めてわかること」を皆さんのハートにブチ込んでいくぜ。ヤケドすんなよ!

んじゃ、行くぜ!

1 サクサク感がヤベえ。2016モデルからはかなりの進化を感じる

僕が使っていたのは、15インチ MacBook Pro 2016

毎年進化している15インチ MacBook Proだが、2017は一度買ったモノの、事情があり、手放して、2016をまた使っていたので、今回の2018購入は、「2年分の進化」を感じることが出来る

そんな僕が感じたのは「サクサク感ヤベえ」ってこと。マジでサクサク動く

ああ。わかってる

ベンチマークスコア、測った

Geekbench、買った

でも、数字を出したところで、僕は検証なんかできないし、僕らしいレビューにはならない

大事なのは、僕が感じた「使用感」だ。購入機の使用感を語ることこそ、僕はレビューだと思っている。読者の皆さんも「毎年買ってる僕が、今年はどう感じたのか?」を知りたいと思う

ハッキリ言おう

サクサク感、MAXヤベえ

ああ。MAX

2016を毎日使っていた僕が言うんだから、間違いない

間違いなく、サクサクだ。サクサクすぎて震える

恐るべし、CoffeeLake

2 第3世代バタフライキーボードは、2016と比べるとかなり静か、2017と比べると、あまり変わらない

15インチ MacBook Pro 201805

僕の周りには「チームMacBook Pro」と言っても過言では無い、お二人のブロガーがいる

共通しているのは、二人とも「15インチ MacBook Pro 2017を使っている」ということ

その二人とは、ご存知、g.O.R.iさんとよーたくんだ

その二人が言うには「2018のキーボードは2017とそれほど変わらない」と言うことだった

しかし、2016を使っている僕の感想は違う

2016と比べると、劇的に「カチャカチャ感」が無くなっているのだ

コレはヤバい。最初の設定で、色々打ち込んでいるときに、すでに「アレ?キーボード、全然違うぞ」ってなった

それくらい、2016と比べるとマジで静かになった

AppleCare+にも加入したので、3年使うことは間違いないのだが(来年は雨は降らない予定)

僕的に、サクサク感と、第3世代バタフライキーボードの2つで、完全に「15インチ MacBook Pro 2018、買って良かった」となっている

毎年15インチを買っている僕が、ガチでそう感じた

それこそ、全てなのでは無いだろうか

3 画面が広いのは、慣れてしまっているが、やはり欠かせない

15インチ MacBook Pro 201806

ご覧のように、左にブログエディタであるMarsEdit 4、右にChromeを展開しても、コレだけの画面の広さがあるので、両方見ながら単体で作業出来る

この「15インチ単体で作業出来る」というのが、僕にとっては非常に大きい

Office 365 Soloも契約しているが、仕事でも使うので、この画面の広さを生かして様々な資料を閲覧しながら文書を作成可能というのも嬉しい(僕が使うのはWordがメイン)

今回の長期連載シリーズ「Again」では、最後の最後まで13インチProと悩んだ

実際にg.O.R.iさんは、13インチPro 2018を使っているし、僕もg.O.R.iさんと同じ13インチが良いのか、と悩みまくった

でも、実際に買ってみて、僕は15インチで良かったと思っている

僕は15インチ MacBook Pro 2018を外で使う機会が多いので、どうしても単体で使うことになる

その時に、この画面の広さは大きな武器になるのだ。今まで4年間、15インチを使い続けてきた、と言うのもあるが、僕にとってはこの画面の広さこそ「普通」なのだ

4 True Toneディスプレイは、文字の打ち込みが多い僕には最適

15インチ MacBook Pro 201809

賛否両論ある「True Toneディスプレイ」だが、文字打ちの多い僕には非常に快適だ(周りの明るさによって、目に優しい、見やすいディスプレイの発色になる機能)

12.9インチ iPad ProもTrue Toneディスプレイなので、違和感なく使えている

Lightroomを使うときは、多分、切った方が良いのだろうが、今のところ、気にせずガンガンTrue Toneディスプレイ全開で作業している

そんなに厳密に現像しているわけでは無いので(自動階調の後、ちょっといじるくらい)、カメ仙人に聞いて調整を加えるくらいだ

そう考えると、当然だが、ガチの写真現像をバンバンやる人にとってはTrue Toneディスプレイは不要、と言うことになるだろう。特に処理性能の上がった15インチ MacBook Pro 2018において、せっかくガンガン現像したいのに、色がおかしくなるから、True Toneディスプレイ切ってるってのは、意味がないと思うので、本格的な現像をする人にとっては悩ましい新機能、となっているはず

ただ、僕のような「写真は好きだし、現像もするけど、色味は大体でOK、文字入力が多い」って人には目にも優しいし最高に使いやすいMacBook Proじゃないかと思っている

5 僕はTouch Bar、使ってるよ

15インチ MacBook Pro 201804

ディスられまくりのTouch Barだが、実は僕は快適に使っている

上の画像の4つが特に使う機能だが、左端が曲の再生、一時停止、左から2番目が音量、3番目がミュート、右端が「ATOKひらがな」と「US(英字)」の切替だ

特に、右端のATOKひらがなと、英字の切替はマジで便利

↑ガチ便利

USキーボードは「ひらがな」「英数」キーが無いのだが、関係ない。Touch Barで一発切り替えできるからね

だから僕はTouch Bar、スゲー使ってる

便利だと思うし、色々カスタマイズできるのも良いと思っている

みんなも使ってみて。意外と便利だから

え?

Touch ID?

Apple Watchでロック解除するから、アプリ買う時くらいしか使わないかなぁ・・・。僕はTouch Barを便利に使っているのです〜。意外でしょ

コレが、僕の「使ってみての感想」なのだ

6 もちろん、音は良い

15インチ MacBook Pro 201808

僕はCompanion20という、BOSEのPCスピーカーを使っている

これもかなりハイレベルな音を出してくれるのだが、ぶっちゃけ、テーブルで15インチ MacBook Pro 2018単体で作業するときは、付属スピーカーでも十分だと思っている

僕はそんなに音に詳しいわけじゃ無いので、参考にはならないかもしれないが、曲を聴きながら作業するくらいなら、全然音質に文句は無い

13インチと比べて、スピーカーの大きさも見ての通り大きいので、快適感もアップすることはのその通りだと思う

今も曲を聴きながら、レビュー書いているけど、快適そのもの

7 Apple Watchでのロック解除がなんだかやたら早くなった

スクリーンショット 2018 07 26 14 38

Apple Watchでロックを解除するのは、15インチ MacBook Pro 2018を持っている誰もがやっていると思うが、なんか、2016より確実に「開けてからロック解除されるまで」が短くなった気がする(気がするだけかも知れないが)

特に、画面が付いてからロック解除されるまでが明らかに早くなった気がする

コレは嬉しいアップデート

日頃から15インチ MacBook Pro 2018をApple Watchで解除する僕にとってはすぐに作業に入りたいので、マジで便利と感じている

8 トラックパッドの広さも、15インチならでは

15インチ MacBook Pro 201815

13インチに勝っているモノとして「トラックパッドが広い」というのがあるだろう

僕は完全にこの広さに慣れてしまっているのだが、作業効率は当然上がるし、かなり便利だ

毎年書いているが、「パームリジェクション」も完璧で、キーボードを打っているときに手首がどうしてもトラックパッドにかかるのだが、誤動作したことはほとんどない

デカいし、賢いし、言うこと無いトラックパッド

15インチの虜である僕が愛して止まない機能の1つだ

9 重さを「バックパック」で受け入れられるか

15インチ MacBook Pro 201801

良いことばかり書いてきたが、このレビューを元に、15インチ MacBook Pro 2018を買う人もいるかもしれないので、注意点を2つ

まず1つは、「思ったより重い」ということ

何だかんだでバックパック必須なので、バックパックを日常使い出来ない職業の方は、15インチは自宅で据え置きで使うべきだろう

(自宅で据え置きで使うなら、iMacの方がコスパはいいような気がするが、僕はMacBook Proが好きなので、iMacを買う予定は無い)

僕は毎日、15インチ MacBook Pro 2018と、12.9インチ iPad Proをバックパック「booq Shock Pro」に入れて持ち歩いているが、慣れる。僕は慣れた。だって、毎日だから

重さについては色々言われているけど、要は「慣れ」だと思っているので、42才の筋トレしてない僕でも慣れるので、大丈夫だと思う

問題は、「夏のバックパックは暑い」ということ

コレが大問題

ここをどうするかで、15インチ MacBook Pro 2018なのか、13インチなのかを決めても良いと思っている

10 バッテリーは思った以上に持たない。ヘタすると3〜4時間

コレも知っておくべき「使ったモノのみが知る情報」だ

バッテリーは公称値は知らないが、実働時間は、僕の感覚で行くと「持っても4時間チョイ」だ

アプリの起動の数とか、作業の重さとかでも変わるのだろうが、僕は外で動画編集はやらないし、写真の現像もしないので、それでもこれくらいしか持たないと言うことをあらかじめ知っておくべきだろう

もちろん、Chromeを使い、タブを10個以上常時開いている状態なので、バッテリーへの負担は大きいとは思うが、長時間作業が電源無しで必要な人は13インチを選ぶべきだろう(Safari使うと、5時間超えて使えるかも知れないが、僕はSafariは使わないので、調べてない。ブロガー的には、Chromeの拡張機能が必須なので、どうしてもChromeを使わざるを得ないのが現状)

結局、モバイルバッテリーを持つと、ドンドンバックパックが重くなっていくので、「何を取るか」がMacBook Proは非常に重要だと思っている

僕は、画面の広さ、処理の快適さ、持ったときの優越感を最優先に考えているので、多少重くて、デカくても許容できる、と言うわけだ

まとめ

10個の「6日使ってわかったこと」を書いてみたが、いかがだっただろうか?

僕は15インチ MacBook Pro 2018を購入して、とても満足している

やっぱり15インチを買って良かった、と心から思える素晴らしいアップデートだと思っている

繰り返しになるが、「サクサク感」と「第3世代バタフライキーボード」の2つのアップデートだけで、買い換えて良かったと思っている

さらに、True Toneディスプレイも見やすく作業には最適、音も良く、Apple Watchのロック解除も早い

全てにおいて満足できる内容だ

9,10では、「注意しておくべき点」を述べたが、このレビューはアナタに15インチ MacBook Pro 2018を勧める記事では無い。僕が使ってみて、どういう感想を持ったか、それを述べる記事だ

だから、購入するなら、知っておくべきポイントも書くことにした

15インチ MacBook Pro 2018は最高だ。マジで良い感じ

このレビューが、MacBook Proで迷っている方の参考に少しでもなれば良いと思うが、いつも通りの「フィーリングレビュー」で、データ的なモノは1つもない、完全な「自分視点」のみのレビューとなっているので、詳細な比較・検証等は、gori.meでMacBook Pro 2018のレビューを見て欲しい

やっぱり、僕は、データを並べて検証するのは向いてない

感じたことをそのまま書く、コレこそ、僕の書きたいレビューだ、と再認識して、この記事を書いた

15インチ MacBook Pro 2018、最高!と叫んで、レビューを終わろう

皆さんも、ぜひ、後悔のないMacBook Pro選びをしていただければと思う!

15インチ MacBook Pro 201802

3年間、よろしくな!頼むぞ!15インチ MacBook Pro 2018!

んじゃ、アディオス!

↑こちらもどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

MacBook Proカテゴリの最新記事