MacBook Pro 2018の第3世代バタフライキーボード、静音化しか公式発表は無いが、第1世代、第2世代と比べて、ストローク等、他に変更点は無いのか?

MacBook Pro 2018の第3世代バタフライキーボード、静音化しか公式発表は無いが、第1世代、第2世代と比べて、ストローク等、他に変更点は無いのか?

15インチ MacBook Pro 201805

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

15インチ MacBook Pro 2018を購入して、毎日第3世代バタフライキーボードを打ち込んでいるわけですけど、ハッキリ言って「2016」からの変更は「まるで違うキーボード」と言っても良いと思います

静音化もそうですし、シリコン膜が入ったことで打鍵感もソフトになり、僕は「とても打ちやすい」と感じています

では、第1世代、第2世代と「何が変わった」のか?

自分でもよくわかっていなかったので、調べてまとめることにしました

キーストロークはMacBook Pro 2016(第2世代)で、すでに第1世代から変更済みの模様。2016→2018はストロークに変更は無い模様

第1世代のバタフライキーボードは、非常にストロークが浅く、12インチ MacBookで僕も使っていましたが、「ずっと打っていると指が痛くなる」経験をしました

で、第2世代バタフライキーボード

engadget日本版によると、第2世代バタフライキーボードはストロークがやや深くなるなど、打鍵感の改良が主、とのことでした

即ち、MacBook Pro 2016の時点で、第1世代よりストロークがやや深くなる改良が加えられていることになります

2017でもキーボードが改良されたとありますが、コレは、僕の周りのMacBook Pro 2017ユーザーのブロガーの方の意見と一致しています

それは何かというと「MacBook Pro 2017とMacBook Pro 2018の打鍵感はほとんど同じ」と言う感想

「静音化もそれほど感じない」という感想も聞いているので、2017である程度静音化に関しても(個人レベルの感想ですが)改良が加えられているのかもしれません

ただ、公式に「ストロークが変更した」とは出ていないので、今回、シリコン膜が第3世代バタフライキーボードに入ったことによって、打鍵感がよりソフトになったと言う声も聞こえてきますが、キーストローク自体は変わっていない模様です(打鍵感の変更の関係で「押し込んでいる」感覚を持つ人がいるみたいですが・・・)

特に、僕と同じ「2016モデル」を持っている人からすると、今回のMacBook Pro 2018の第3世代バタフライキーボードは本当に驚くほどキーボードが変わっているという声を多く聞きます

ストロークが変わっているなら、大きな話題として、engadgetも取り上げるはずですので、ストロークは変わらず、浅いままということが言えるでしょう

Appleちゃんねるでも、「キーストロークは2016年のモデルと変わっていないのでは」という、複数の海外メディアの報告を取り上げ、報じています

やはり、シリコン膜が入ることで「押し込む感覚がより強くなった」というだけで、ストロークに変更は無い模様です

当ブログの読者の方からも「部長さんが実際に使ってみて、キーストロークはどうでしょうか?」という質問がかなり来るので、僕の感覚では「2016と比べると静かになったけど、キーストロークは変わらないんじゃ無いかな」と思っていたのですが、確信が無かったので、調べてみたら、各メディアで報じられていたので、皆さんにもお知らせしよう、となりました

埃対策と公には発表されず「静音化対策」と言うことで、シリコン膜が追加された第3世代バタフライキーボード、僕は静音化も埃対策も、もの凄く満足する仕上がりになっているのではないかと思っています

2016モデルは埃が原因なのか、キーボードの不調も何度かありましたので、MacBook Pro 2018では、キーボードが効かなくなる埃不具合が起きないことを祈るのみですね〜

(via engadget日本版Appleちゃんねる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

MacBook Proカテゴリの最新記事