ついに、ミスチル(Mr.Children)の楽曲がApple Music他、月額聴き放題サービスでダウンロード可能に!語らせてくれ!ミスチルを語らせてくれ!

ついに、ミスチル(Mr.Children)の楽曲がApple Music他、月額聴き放題サービスでダウンロード可能に!語らせてくれ!ミスチルを語らせてくれ!

Mr

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

とうとう来た!今日、2018年5月10日からとうとう、待ちに待った「Mr.Children」の、音楽ストリーミングサービス、並びに、ダウンロード販売で利用できるようになる!やったぜ!

42才、昭和50年生まれの僕からすると、ミスチル=青春という図式ができあがるので、それについて、ちょっと語らせて欲しい

18才、高校3年生の3月、高校を卒業し、大学を決めた僕は、さみしい思いで回転寿司屋でアルバイトをしていた

平成何年かもわからないが、高校卒業したとき(平成6年あたりか?)僕は、初恋に敗れ、失意の中、大学生活を迎えようとしていた

当時、緑が丘にあった回転寿司屋で、大学で遊ぶためのお金を貯めるべく、3月、卒業式後にアルバイトをしていた

初恋に敗れ、卒業後、むなしさしかなく、これから始まる大学生活にも何も希望も持てず、ただ、ロボットのように働いていた18才の僕

その時、寿司屋の有線放送で何気なく流れてきた曲、それが、まだ、当時無名だった「Mr.Children」というバンドの「CROSS ROAD」と言う曲だった

僕は、その曲に聴き入ってしまい、作業すべき手を止め、歌詞に引き込まれたのをよく覚えている

「何だ、この曲は・・・」

バイトしながらだったが、涙が止まらなかった

好きで、好きで、「好き」しか感情がない、それが初恋の思い出だ

それに敗れ去り、夢も希望も無くした僕を、たった3分程度の曲が救ってくれた。それがMr.Childrenとの出会いだった

その後、CROSS ROADは大ヒットすることになり、大学生活に入ってしばらく経ったとき、友人のアパートで、男3人で聞いたのが「innocent world」だった

名曲中の名曲と言われるこの曲だが、僕たち大学生には、ジャケットの「顔の上半分をパーカーのフードで隠して、叫んでいる」写真が衝撃的だった

まさに自分たちの「もがいている様」を見透かされているかのようだった

18才で、何もわかっていなかった僕らは、ただ、毎日を必死に生きていた

その後、innocent worldも大ヒットし、一躍人気バンドに上り詰めていくMr.Children

僕たちはその影を追いながら、42才になった今でも、あのときを思い出しながら、ミスチルの楽曲を聴いて、キーボードを叩く

教育学部にはいたモノの、本当に先生になるべきなのか悩んだ青春時代

その青春時代のそばには、必ずと言って良いほどMr.Children黄金期の楽曲があった

大学時代で思い出深いのは「Tomorrow Never Knows」だ。これもぜひ聞いてみて欲しい

なんとも言えない20台前半の切ない感じが見事に表現されていてコレを聞きながらあてもないドライブをして、みんなで馬鹿笑いしていたのを思い出す

それが僕とミスチルとの思い出だ

卒業後は、民間企業に就職し、研修で結果を出すも、現場でもろくも挫折して退職、岩手に帰ってきて教員採用試験を受け、今に至る

その時は、別の楽曲がそばにいたのだが、それはまた、別の話だ

僕の大学生活を語る上で、僕の「大人に上る過程」を語る上で欠かすことの出来ないMr.Children

今までは一切ダウンロード、ストリーミング配信がなかったのだが、今回めでたく配信となり、嬉しさのあまり、叫ぶほどだった

皆さんもぜひ聞いてみて欲しい。僕の青春は皆さんにとっては関係ないモノかもしれないが、心に染み入る黄金期の名曲をぜひ聞いて欲しい

ちなみに、最近、親子で良く聞くのは「しるし」と言う曲だ。これもオススメなのでぜひどうぞ!

Apple Musicの他にも、Spotify、AWA等でも聞けるそうなので、お好きなサービスで聞いてくれい!よろしく!

(via 男子ハック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Apple Musicカテゴリの最新記事