長期連載6「Again〜カメ仙人の論理〜」

長期連載6「Again〜カメ仙人の論理〜」

MacBook Pro 2018
(前回までのあらすじ)

g.O.R.iさん、よーたくんに、思い切って13インチ購入を打ち明ける部長

意外にも二人に応援され、後押しされ、購入は確定的なものになるが、イマイチ部長の中では「煮え切らない何か」がうごめいていた

果たしてそれはなんなのか?

その時、偶然にもメッセージが届く。果たして、そのメッセージとは・・・?

第6回「カメ仙人の論理」

Apple Watchを見ると、カメ仙人からのメッセージだった

ちなみに、スタッフには、13インチを行くかもしれない、と言う話はすでにしてあった

特に反対するスタッフもいない状態で、まあ、そんなもんか、的な流れになっていたところだ

そこに、カメ仙人のメッセージ

僕は、本音を打ち明けることにした

カメ仙人「部長、お疲れ様です」

部長「おっつー」

カメ仙人「本当に13インチ行くのでしょうか?と思いまして」

部長「実は悩んでた」

カメ仙人「と言いますと?」

部長「本当に13インチでいいのか、って」

カメ仙人「確かに、2016も「13インチ最高」って言ってましたが、結局15インチに変えましたからねー」

部長「そうなのよ。それそれ」

部長「今回の13インチが、すげースペックアップしているのはわかる。確かに持ち運びやすいのもその通り。わかるんだ。わかる」

 

部長「でも、画面の広さとか、今まで慣れ親しんだ、あの重さ、筐体の迫力、それを変えて、本当にいいのか、って思い始めているんだ・・・」

カメ仙人「部長・・・」

部長「カメ仙人はどう思う?」

カメ仙人「簡単です」

部長「簡単?」

カメ仙人「部長、最近、何買いました?」

部長「ああ。α7RⅡだな」

カメ仙人「そうです。それがヒントです」

部長「ヒント?」

カメ仙人「α7RⅡは、素晴らしいカメラだと思います。しかし、その高性能が故の弱点もあります」

部長「α7RⅡの弱点?」

カメ仙人「高画素である、4240万画素のカメラのRAW画像を、読み込んで、加工して、編集して、現像する。これが、複数枚の写真で、毎回起きるんですよ」

部長「確かに、読み込みも、書き出しも、レビューの時は時間かかってたな」

 

カメ仙人「そうです。正解」

 

カメ仙人「α7RⅡくらいの高画素のカメラを全部RAW撮影して、全て編集して書き出す、ってなると、マシンパワーも相当なものが必要になるんですよ」

部長「な、なるほど・・・。ってことは・・・」

カメ仙人「部長は今回、運命的なけーすけさんとの出会い、アドバイスもあり、私も少しだけお手伝いしましたが、α7RⅡを手にされましたね。それは、正解というか、なるべくしてなった結果だと思っています。作例も見ましたが、やはり、α7RⅡ、いい絵ですよね、と思いました」

カメ仙人「その部長が、MacBook Pro 2018を購入する。これはまさに運命的な決断だと思っています」

カメ仙人「しかし、高画素機である、α7RⅡを手にした部長が持つべきMacBook Proは、13インチなのか?と考えると、多くの読者は疑問を持つでしょう」

部長「やはり、そうなるよな」

カメ仙人「15インチであれば、読者も喜び、毎日部長はそれを持ち運んでいるわけですから、特に生活に変化があるわけでもなく、今まで通り過ごせて、キーボードの改良もされ、しかもスペックアップしてるので、現像も快適になるのではないか、と思っています」

カメ仙人「わかりますか?部長」

部長「え?何が?15インチってこと?」

カメ仙人「違います」

 

カメ仙人「これ、必然なんですよ」

 

部長「ひつ・・・ぜん・・・?」

カメ仙人「そうです。悩んでいるなら、私は15インチを行くべきだと思っています。所詮、13インチを盛ったところで、価格差は数万円。分割ローンで買うのであれば、支払額の差は微々たるものです」

カメ仙人「α7RⅡのことも考えると、15インチが妥当な線かと思いますが、いかがでしょうか?」

 

グアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

 

確かに、確かにそうだ

カメラのことを考えれば、15インチのマシンスペックは魅力的

そして、何より、今まで13インチを購入したけど僕はなんだかんだ理由をつけて15インチに戻っている前科がある

今回もそうなることを予測する声も、実は少なくなかった

ただ、持ち運びのことを考えれば、確かに13インチ。それは間違いない

g.O.R.iさん、よーたくんに、一度宣言してしまった手前、悩みは尽きない

どうするべきか・・・

僕は、どうするべきなんだ・・・

 

クソおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

 

僕は走った

部屋を飛び出し、がむしゃらに、行くあてもなく、僕は走った

100mで息切れしたが、僕は空を見上げ、そして、答えを求めた

何も語らない空は、僕にいつものように優しく微笑みかける

そして、ポツリ、また、ポツリ、と、頬を濡らす何かが天から落ちてきた・・・

 

始まりはいつも雨

 

物語の扉は、僕の知らないところで、僕を正しい道に導くべく、大きな口を開けて待っているのであった

長期連載シリーズ「Again」、本編が始まった瞬間だった

【次回予告】

13インチと15インチで悩む部長

g.O.R.iさん、よーたくんに、どう報告するのか?

そして、部長が選ぶ道とは?

仕事なんかしてられない第7回は明日更新予定!ちゃんと仕事しないヤツは閲覧禁止とする!いい子にして、待ってな!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Againカテゴリの最新記事