長期連載7「Again〜結論〜」

長期連載7「Again〜結論〜」

MacBook Pro 2018
(前回までのあらすじ)

カメ仙人に、α7RⅡの現像の観点からも、15インチを勧められる部長

確かに、すぐさま決済に行かなかったのは、13インチで本当にいいのだろうか?という疑念があったから

自分自身の心の中の「迷い」はまだ消えず、このまま13インチでいくべきか、やはり15インチにするべきなのか、迷う部長。果たして、どうなるのか・・・

第7回「結論」

僕は、g.O.R.iさんとよーたくんの3人でやりとりしているトークルームに戻ってきた

最後、もう、どうしていいのかわからない状態の僕にとどめを刺して欲しかったのもあるが、拠り所として、やっぱり、結論はここで出したい、そう思ったからだ

 

部長「悩んでるんですが、やはり15インチにしようかと・・・」

よーたくん「15にするんですか?」

部長「なんか、結局13にしても、前みたいに15に戻すような気がして・・・」

よーたくん「今回のアップデートだと、13でもいいような気がしますけどね〜」

 

そこに、沈黙を守っていたg.O.R.iさんが登場

 

g.O.R.iさん「15インチは、最高」

 

グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!

 

わかってた!わかってたけど、やっぱりそうか!

ちなみに、この時点で、g.O.R.iさんも15インチを注文済みで、gori.meでもそれを記事に書いていた(その後、初期不良により(これはツイートされてる)、買い替え、となったのだが・・・)

 

このg.O.R.iさんの一言で、僕の心は晴れやかになった

「やっぱりそうか」

僕はスッキリした

画面の広さ、見た目のデカさ、迫力、無駄に重い重量、全てが魅力的に見えてくる

 

「そうだ、15インチこそ、我が故郷」

 

僕は、決心をした

結論

僕は、Apple Storeのカートから、13インチ盛り盛りモデルを削除し、15インチの上位モデルをいつもどおりUSキーボード仕様にして、カートに入れた

胸が高鳴る

でも、迷いは、もう無い

「また」僕は、15インチ MacBook Proを手にすることになる

わかってる

オーバースペックなのも、持ち運びを重視するならやめたほうがいいのも、バッテリーが持たないのも、よく分かってる。だって、3年使い続けてきてるのだから。僕は、よく分かってるんだ

でも、今回、僕は「15インチ、Again」という道を選んだ

やっぱり、僕は15インチが好きだ

「欲しい時が買い時」とよく言われるApple製品だが、僕はそれ以上に「15インチ」が心から好きだということを実感した

13インチは、素晴らしいアップデートかもしれない。バッテリーも持つし、持ち運びの多い僕にはぴったりかもしれない

でも、僕は、その魅力を上回る15インチの「何か」に惹かれている

だから、今回、13インチを即決しなかった、というか、できなかったのだ

α7RⅡの話もそうだが、全ては「必然」なのかもしれない

広い画面で思いっきりブログを書いて、写真を現像して、快適に趣味を楽しみたい

そんな僕のささやかな願いを十分に叶えてくれる15インチ MacBook Pro

分かってる

13インチで十分なのは、誰よりも僕が、分かってる

4年連続15インチを買ってるアホだ、ということも、よく分かってる

それほどに惹きつけられる15インチを、今回、購入し、僕は正直、大満足だ

喜びを全身で表現したいほど、iPhone購入とは違う「嬉しさ」に満ち溢れている

「部長ナビといえば、15インチ」だから買うんじゃ無い

「15インチを心から好きだから」買うのだ

僕が決めたのは、15インチ MacBook Pro 2018(上位モデル盛りなし、USキーボード)

届くのは21日、そう、明日

明日の夕方までには、開封レビューをお届けできると思う。楽しみにして欲しい

巷では、Core i9が問題になってるらしいが、安心して欲しい。僕は盛ってないからi9じゃない

メモリも盛ってないので16Gと、普通だ。っつーか、僕が32Gにする必要は全く無いだろう(そもそもスペック的に15インチにする必要すらないってのもよく分かってる)

明日から始まる2018との生活にワクワクしながら、僕は今週を終えることになるだろう。仕事どころではないのは、そう、僕の方だったのだ。1日3000回ほどヤマト運輸の荷物追跡サービスを利用しているので、サーバーに負担がかかり、大変申し訳ないと思っているが、「お荷物問い合わせ」を押さずにはいられないこの気持ちをわかって欲しい

最後に

この長期連載は、皆さんに「15インチ MacBook Pro 2018」を勧めるものではない

よーたくんがいうように、普通に考えて、今回のスペックアップで買うべきは13インチなのだろう。僕もそう思う

ここに、カメ仙人の言葉を送りたい

僕が、「機能」で悩んでいる時に言ってくれた言葉だ

 

カメ仙人「欲しいカメラが、いいカメラ」

 

この一言に、僕はどれだけ背中を押されたか

だから、MacBook Proで迷ってる「オーバースペッカー」な皆さん(自分が買うモデルがオーバースペックで買わないほうがいいんじゃないかと迷っている人たちの総称)に、強く、この言葉を贈りたい

 

部長「欲しいMacが、良いMac」

 

そうだ

周りの意見も大事かもしれないが、1番大切なのは、「毎日使うあなたが、「使いたい」と本当に思えるMacか」ということ

オーバースペックだろうが、スペックの足りないMacだろうが、使うのは「あなた」だ

あなたが使って「気持ちいい」と感じなければ、Macだって可哀想だし、時間が経てば不満が募り、買い換えることになるだろう。それでは意味がない

どうせ買うなら「欲しい」Macを買うべきだ、と、今回、僕は強く思った

いくら、スペックアップしても、僕は13インチより、15インチが欲しい

なぜなら、「15インチが好き」だからだ。ああ。理由なんて、こんなもんだ

異性を好きになるのに理由がいらないように、Macを好きになるのも理由はいらないと思う

僕は、自分が好きなモデルを、自分の買える範囲だったので、買う、それだけだ

皆さんも、自分が好きなモデルがMacBook Pro 2018なら、もちろん買うべきだと思うし、色々ブログや、友人、知人からの意見も耳に入ると思うが、最後は「自分が本当に欲しいもの」を買うべきだ

そうだ

 

「一般的に見て、いいMac」を買うべきではないのだ

 

「あなたにとって、いいMac」を買うべきなのだ

 

この連載を読んだ一人でも多くの「オーバースペッカー」が、臆することなく「自分の欲しいMac」を堂々と買ってレビューできる日がくることを切に願う

その先鋒を切るつもりで、僕は、15インチ MacBook Pro 2018を買い、長期連載として記事にした

もちろん、様々な意見もある

でも、僕が欲しいMacは「15インチ」だ。だから15インチを買った

オーバースペックでもいいじゃない

欲しいMacを買って、みんなで、こう言おう

 

我が人生に、一片の悔いなし

 

全ての読者に、素敵なMacライフが訪れることを願って

 

2018年7月20日

部長ナビより愛を込めて

長期連載シリーズ「Again」・完

長い間お読みいただき、ありがとうございました

文章・構成:部長ナビ

アドバイザー:Aさん、カメ仙人、g.O.R.iさん、よーたくん、ブログスタッフのみんな

購入デバイス:15インチ MacBook Pro 2018 上位モデル USキーボード

 

お気付きの常連さんもたくさんいらっしゃいましたが、この長期連載シリーズは、下取りの関係上、15インチ MacBook Pro 2016が手元にすでにないため、12.9インチ iPad Proでほとんどの回を執筆しました。MacBook Proの時とは違い、アプリもIMEも違うため、行間の調整などもうまくいかず読みづらいところが多々あり、申し訳ありませんでした

明日から、MacBook Proが復活しますので、今しばらくお待ちください

そして、「記事がいつもと違うような・・・。iPad Proで打ってますよね?」というメッセージがたくさん来ました。常連さんの鋭いご指摘と、読み込んでいただいていることに心から感謝いたします

これからも、部長ナビのブログを、どうぞ、ご贔屓に

では、また明日、15インチ MacBook Pro 2018でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Againカテゴリの最新記事