長期連載5「MacBook Proの真実〜我が人生に一片の悔い無し〜」

長期連載5「MacBook Proの真実〜我が人生に一片の悔い無し〜」

MacBook Pro 15インチレビュー06
第5回「我が人生に一片の悔い無し」

私は、悩んでいた。

「取り置きしてもらっている15インチ MacBook Proの上位モデル」をどうするのか。悩んでいた。

わかっている。ああ。十分にわかっている

MacBook Pro13インチと、MacBook Retina 12インチがある状況で、その2台を売って、15インチ MacBook Proの1台持ちに移行すると言うことが何を意味するのか

私は、プロブロガーでも、フリーランスでも無い。先生である(笑)

それを忘れてはいけない。私は公務員だ。MacBookが2台ある時点で、そもそもおかしいのだ。そこまでして、私はどこに向かおうとしているのか。

悩みに悩んでいたが、残念なことに、グリシンのせいで、深い眠りはグイグイと上昇していた。ああ、残念だ・・・

仕事が終わり、帰り道、ボーッとしながら運転していると、あることに気付いた

「明日行きますんで」

確かに昨日、私はPCデポでそう言ってしまっていた。今日、これから取り置きしてもらっている15インチ MacBook Proをどうするか、PCデポに行って店の人と話さなければならない

困った。

参った。

どうすればいいんだ・・・。

誰がどう考えても、15インチ MacBook Proは私にはオーバースペックなんじゃ無いのか?そう考えた。

ブログを更新して、チョコッと動画を編集する。それで、15インチ MacBook Proが果たしてベストなチョイスなのか?

もう、自分ではどうしようも無いところまで来ていた

ああ・・・。

オレは一体・・・

これからどうすればいいんだ・・・

まったくわか

ブルブルブルブルブルブル

ん?AppleWatchの通知?

なんだ、こんな時に、誰だ一体・・・。

gori.meさんだった・・・。

ま、マジか・・・

なんというタイミング・・・。

私は、もう、自分ではどうしようも無かったので、gori.meさんに思い切ってぶちまけて聞いてみることにした。

gori.meさんから見て「いや、部長さんは素人ブロガーなので、今の体制で十分だと思いますよ」と言われればそれできっぱりあきらめも付く。が、「いや、部長さん、ブログ作業を快適にしたいなら、15インチ MacBook Proが絶対オススメですよ」と言われたら、もう私には断る精神力が無かった・・・

運命の返信を待つ

お忙しい方なので、即レスは期待していなかったが、即レスでメッセージが来た

なんたる運命。なんたる偶然。

私は、車を停め、メッセージを見た

gori.meさんからのメッセージ(ご本人より、掲載許可をいただいております)

 

★やっぱり、デスクトップ並みの性能を持ち運べるということに意味があります。

★パフォーマンスに妥協しないというのは僕にとって重要なことなので、重くても15インチを買ったことには後悔もないですし、むしろ15インチではないと困ります。

★強いて言えば、当然重さはあるので体が疲れるので基本的にリュックは必須ですね。ただ、夏だと背中が蒸れるので僕はincaseのボストンバッグを使ってます。涼しくなったらリュックですねー

★どのみち、一眼レフも持ち歩いていることもあるので、15インチの重さがそれほど気にならないということもあります。

★どうしても軽さが必要なのであれば12インチにしますが、画像の編集などはやはり15インチとの性能差がありすぎるので、本当にとりあえず持ち運びたい、というとき以外は15インチです。

マジか・・・。

私はgori.meさんに言った

「私、妥協したくないです・・・」

もう、結論は出ていた。

「gori.meさんに後押ししていただいたって記事にしてもよろしいでしょうか?」

恐る恐る聞いてみた

「もちろん構いませんよ~」

gori.meさんは即答していただいた

私は決めた。

15インチ MacBook Pro

男には、行かなきゃいけない時がある。

男には、決めなきゃいけない時がある。

ここまで、gori.meさんに後押ししていただいて、「やっぱりやめます」なんて、そんなの男じゃねえ

「チームgori.me」

私は、この重大な決断を下すのに、gori.meさんが相談に乗っていただいていることに運命を感じていた。私が勝手にファンになって、勝手にLINEで友達登録して、勝手に長文メッセージを送って、全部私の勝手な行動なのに、gori.meさんは、丁寧に対応し、時間を割いて悩む私のために、15インチ MacBook Proの素晴らしさを伝えてくれた

私は、gori.meさんに、この時点で「公認ファンサイトとしてgori.meを宣伝させていただいてもよろしいでしょうか」と聞いた。

返事は過日お伝えした通り、快くオーケーをいただいた

そして、伝説へ

PCデポについた私は、取り置きの紙を持って、レジへ向かった

もう一つだけ、店員さんに確認したいことがあった。それを確認して、決断をしようと思っていた

「15インチ MacBook Proの下のモデルと上のモデルと悩んでいるんですが」

店員さんはハッキリ言った

「悩んだら、上のモデルを買うべきです。私もMacBookを複数台持っていますが、悩んだ時は上位モデルを買っています。結果として、長く使うモノなので、絶対下のモデルという確信が無い場合は、上位モデルを買った方が絶対に良いです。MacBookは後で色々とカスタマイズできませんのでね。ですから、商売抜きで、上位モデルをオススメしますよ。」

私は決めた。

「15インチ MacBook Proの上のモデルを、お願いします」

その後はよく覚えていない

気付いたら、私は自宅でセッティングをしていた。色々なデータの移行等があるので、下取りはまだ先と言うことでお願いし、とりあえず、15インチ MacBook Proが使えるようにセッティングを進めた。

これで、2台のMacは売却確定である。15インチ MacBook Proの1台運用となる。コートエシエルRHINEフラットバックパックを使い、リュックで持ち歩く形となる。iPad Air 2を一緒に入れても重くないんだろうか?

不安はあったが、私は「チームgori.me」として、全く悔いは無かった

私は一人で戦っていない

gori.meさんもそうだが、たけP、ひこPを始めとする、チームで戦っている

「たかがブログ」と思うかもしれないが、13インチでさえも、画面の切り替えでうんざりしていた毎日の作業が、15インチにすることで劇的に改善される。それを信じて、私はセットアップをした

開けてみたが、美しすぎる。やはりMacはシルバーがよく似合う。iPhone 6もiPad Air 2も全てシルバーで統一しているわけだが、シルバー以外の選択肢を考えることさえできない

この美しさを毎日見ることができるかと思うと、にやけずにはいられない

常連さんから言われていた、ニトリの1000円テーブルに置いてみた

なんと、いけたのだ。さすが、実際に15インチを使っている常連さんからのメッセージである。完璧な配置で作業が可能である

よく見て欲しい。左側に余裕がある状態でChromeがあり、右のスペースにLINE、Messengerのウィンドウが並んでいる。これが私の求めていたジャストな画面の広さなのである。このテーブルで作業をすることが多い私にとって、このテーブルに乗って、しかも、ウィンドウの切り替えをしなくても、Chromeとそれ以外のアプリが併用可能である。もちろん爆速である。

gori.meさんが言っていた「作業効率が全然違う」と言うことの意味がわかった

本当に作業効率が激変する

後は、持ち運びである。さらに、MacWrapsをどうするかである。

アンバサダーとして12月までの活動をさせていただくMacWrapsをどうするのか、打ち合わせも必要だ。職場への持ち出しは大丈夫なのか?コートエシエルRHINEフラットバックパックは本当に人間工学の威力を発揮できるのか、まだ、不安が全部ぬぐえたわけでは無い

しかし、2つだけ言えることがある

「gori.meさん、こんな私にアドバイスくださり、本当にありがとうございます。

あなたのおかげで、私は15インチ MacBook Proと出会うことができました」

そして、もう一つは

「我が人生に、一片の悔い無し」

~次回予告~

15インチ MacBook Proを購入した部長は、どのように、持ち運びをして、職場での使用を行っていくのか?本当に、作業は快適になったのか?MacWrapsはどうなるのか?今回の全てを知っている、たけP、ひこPの考察はいかに?gori.meさんの反応は?

気になる15インチ MacBook Proの詳細は、明日の21時を待て!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

MacBook Proの真実カテゴリの最新記事