長期連載2「男達のEOS〜フルサイズとAPS-Cとミラーレスの狭間〜」

長期連載2「男達のEOS〜フルサイズとAPS-Cとミラーレスの狭間〜」

EOS

前回のあらすじ

2017年4月、雨と交じった雪の中、僕は歩いていた

果たして、僕が買うべきカメラはなんなのか?

僕は自分が分からないままトボトボと道を歩いていた

第2回「フルサイズとAPS-Cとミラーレスの狭間」

僕は岐路にいた

EOS 70Dを使い1年半、そして、EOS M3を使って半年以上経った

今のところ、カメラ自体に不満はないが、他のブロガーの記事を見たりすると、どうしても心が動く

特に、g.O.R.iさんの「5D」は心が揺さぶられる

フルサイズはデカくて重くて、そして、値段が高い

僕はプロじゃない

求められる画質も、正直そこまで高くないだろう

g.O.R.iさんの5Dのレビューは穴が開くほど読んだ

でも、Amazonに行くと「こんなにするのか・・・」というのが正直なところ

写真が変わるらしいが、僕には手がでる値段ではないという結論になり、また数日後、レビューを見に行き、Amazonに行って現実を知る

この作業を延々と繰り返していた

M5はたけPが持ってる、M6はデュアルピクセルCMOS AFだが、高い

ミラーレスに目を移すと、僕はEOS M3を持っている

先日のGINZA2017の時も活躍した。ハッキリ言ってあの小型軽量のカメラは使い勝手が良い

ただ、どうしても、あの「カシュ」というシャッター音、そして、ガシッと手に来ない感じが僕にはしっくりこない

カメラ自体や画質の問題ではない

僕自身の「自己満足」の世界なのだが、ミラーレスは「しっくり」来ないのだ。それを半年でよくわかった気がした

実際、家族で出かけるときも、EOS 70Dを持っていくことが多く、レンズも決して充実しているとはM3は言えない

僕は、ミラーレスを使えば使うほど「EOS 70Dが好き」と言う現実を知ることになっていることを実感した

 

「結局EOS 70Dなのか・・・」

 

何だかんだでブツ撮りだけで無く、外での撮影も、気付くとEOS 70Dを使っている

うーむ・・・。コレはどういう状況なんだ・・・

 

M6が新発売されるが、ボディだけで10万近くする。そう、高いのだ

M3があるのに、10万出して、「多分満足できない」ミラーレスを買うのはどうかと、悩む。

いや、満足できるかも知れない

でも、それなら、ファインダーのついてるM5はどうだ?

 

ダメだ・・・

 

M5はたけPが持ってる

かぶる・・・

二ノPもM5が欲しいと言っていた。さらにかぶる。ブロガーとしては「スタッフとかぶる」のは致命的だ

欲しいが、記事的に面白くない

皆さんご存じの通り、「iPad miniはたけP」と言う住み分けができていることに気付くだろう

そうすることで、読者にも分かりやすく、僕も無駄な買い物が減る

そう考えると、M5はたけP、二ノPに任せて、僕は別のモノを買うのが妥当だ

 

うーむ・・・

 

思い切って5D行くか?

g.O.R.iさんに相談もしてみたが、5Dはさすがに止められた。

M6行くか?

みんなに聞いてみたが、「それ、最高におもしろいッスね!」ってならない。なんか、iPhoneとか買うときのあの「ドキドキ感」に欠ける

 

EOS 70Dのままなのか、やっぱり5Dなのか?無難にM6か、はたまた、かぶり覚悟でM5なのか?

 

男達の話題は尽きないまま、永遠のテーマである「どのカメラにするか?」の議論は夜が更けてもなお、いつまでも熱量が下がらないままヒートアップしていくのだった

 

〜次回予告〜

部長が見つけた、とある記事、出会いに偶然は無いと言うが、たまたま発見した記事で、あるアクションを起こすことになる

果たしてその「記事」とは?

気になる次回は明日の更新を待て!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

男達のEOSカテゴリの最新記事