長期連載10「男達のEOS〜ヤツの名は、おこP〜」

長期連載10「男達のEOS〜ヤツの名は、おこP〜」

EOS

前回のあらすじ

おこPが9000Dを買ったところから始まった今回の物語

まさかのカメ仙人の後押し(そんなにグイグイ勧める人じゃ無いから、グラグラ来た)、そして、二ノPのまさかのEOS M5購入からの煽り

助けを求めたたけPまでもが18-150を購入し、僕は完全に追い詰められていた

そんな僕は、仙台にメッセージを送ることになる

第10回「ヤツの名は、おこP」

僕とおこPは、非常に強い絆で結ばれている

住んでる場所が近いと言う事もあり、スタッフの中では、同級生のたけPを除くと、一番僕と実際に会っているのがおこPだ

色々な話をするし、おこPの買い物は、実は裏がちゃんとあって、合理的に買い物をしていることも分かった

僕はどちらかというと、勢いで買うタイプなので、いざというときはおこPに相談している

 

ただ、おこPは今回9000Dを買って、ハイになっている

そこが少し心配だったが、おこPに相談して「部長、買いましょう!」ってなったら、もう、コレはイクしかねえかな、と覚悟を決めていた

 

部長「なあ、おこP・・・、相談があるんだけど・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おこP「9000Do!9000Do!」

 

ダメだ・・・。相談できる精神状態じゃねえ・・・

 

部長「あ、あのさ・・・」

 

おこP「なんでしょうか?私は至って冷静です」

 

わかりづらいんだよ!

 

部長「実はさ、18-135mm買って、カメ仙人に報告したら、EOS 70Dを下取りに出して、80Dを買ったらどうかって言われたんだよね。確かに、EOS 70Dは高価で買い取りしてくれるし、80Dも1年経ってやや値段が落ち着いてる。90D出るまで2年あるし、真剣に悩んでるんだけど、二ノPはEOS M5買うわ、たけPも18-150買うわで、みんな煽ってくるんだよ・・・。どうすれば良いんだろう?」

 

おこP「なるほど・・・。心中お察しします」

 

お!

おこP、わかってくれたか!

 

おこP「私が思うのは・・・」

 

なに?

やっぱりEOS 70Dで頑張れってことかな?

頼む!止めてくれ!最後の砦なんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おこP「80Do!80Do!80Do!80Do!」

 

わかってた!ああ、こうなるって、最初からわかってたけど

やっぱりかああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

 

貴様も、貴様も買えというのか!

 

おこP「そこまで完璧なカメ仙人の理論があるのに、なぜ部長はDOしないのですか?逆に聞きたいです」

 

部長「そ、それは・・・」

 

おこP「部長!自分を偽ってはイケません!欲しいなら、「欲しい!」と声高らかに言うべきです!」

 

部長「自分を・・・・、偽ってる・・・?」

 

おこP「私には、今の部長が何か「我慢しなければならない」という「檻」でがんじがらめになっているように見えるのです」

 

部長「がんじがらめ・・・?」

 

おこP「さあ、自分を解き放ちましょう!」

 

部長「え・・・?」

 

おこP「さあ、一緒に!恥ずかしがらないで!」

 

おこP「自分で言ってみるんです!「80Do!」と!さあ!」

 

部長「は・・・、80Do・・・」

 

おこP「声が小さい!もっと自分に自信を持って!」

 

部長「80Do!」

 

おこP「そう!その調子!連呼して!」

 

部長「80Do!80Do!」

 

おこP「80Do!80Do!」

 

部長&おこP「80Do!80Do!80Do!80Do!」

IMG_5860

届いた・・・

 

 

 

 

 

 

 

ハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンンンン!(by 西城秀樹)

 

最後に言いたいこと

この物語は、おこPの相談から始まった

最初の時点で、僕は80Dどころか、18-135mmも買う予定など無かった

しかし、多くの出会い、そして、スタッフの暖かい「後押し」によって、僕はEOS 80Dを、おこPはEOS 9000Dを、二ノPはEOS M5と18-150mmを、そして、たけPも18-150mmを手に入れた

実はたけPもあかめさんの記事に影響されて、18-150を買ったと言うこともあり、本当に「偶然という名の必然」が紡ぎ出した今回の物語であったと言える

この、短い期間に、コレだけの物語が重なり、そして、購入へと至った

 

この記事を読んでいる皆さんは「ドキドキ」しながら読んでいると思うが、実際に買っている僕たちはもっとドキドキしている

 

なぜなら、本当に買っているからだ

 

それを、「さも、自分がその物語の中にいるかのような気分にさせる」長期連載シリーズ、今回の物語はいかがだっただろうか?

これから、僕の80Dのレビュー、おこPの、9000Dのレビュー、たけPの18-150mmのレビューが続いていくが、行楽シーズン、そして、夏休みとカメラを使う機会も多いと思う

プロカメラマンのカメ仙人が、基本的には「ボス」として、我々に色々と教えてくれるわけだが、素人ならではの視点での使用感、レビューが出せれば良いと思う

 

「物語は、すぐそこに」

 

あなたの周りで起こっているちょっとしたことも、全ては必然だ

 

この世の中に偶然というものは存在しない

 

全ての出会いに感謝し、全ての「必然」に感謝し、今回の物語を終わろう

皆さんの元にもステキな、自分らしい「EOS」が届くことを願って

 

文章・構成:部長ナビ

登場人物:おこP、カメ仙人、二ノP、たけP

スペシャルゲスト:あかめさん(あかめ女子のwebメモ

購入カメラ、レンズ:部長(EOS 80D、18-135mm)、おこP(EOS 9000D)、二ノP(EOS M5、18-150mm)、たけP(18-150mm)

監修:カメ仙人(プロカメラマン)

流行語:「9000Do!」「80Do!」

 

2017年4月27日

長期連載シリーズ「男達のEOS」・完

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました

部長ナビ、およびブログスタッフより、全ての読者、並びに、カメラ好きな皆さんに愛を込めて

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

男達のEOSカテゴリの最新記事