長期連載7「Move〜寄せる覚悟〜」

長期連載7「Move〜寄せる覚悟〜」

Pakutaso

前回までのあらすじ

無事にdocomoオンラインショップで予約を終えた部長

予定通り、ニノP、マッピー、カムラ氏もiPhone XS Maxを予約完了

安堵の空気が流れたが、物語はここで終わらなかった

第7回〜寄せる覚悟〜

僕は悩んでいた

「iPhone 8」をメイン機にしたままで、docomoの契約でiPhone XS Maxを使うのか、iPhone 8を売ってしまうのか、悩んでいた

その悩みはあまりに悩みすぎて、夜しか眠れないほどで、本当にどうすれば良いのか、マジで悩んでいた

僕の元には、特に「iPhone SE組」からの、悲痛な叫びというか、「どれにすれば良いんですか」的な話が、止まることなく押し寄せていた

全部に対応できる体力も無い状態で、引っ越しの後片付けや部活、仕事もしなければいけない状態だったので、疲労がジワジワと溜まっていくのがわかっていたが、何とかメッセージには対応しながら、プライベートもこなしていった

ただ、ここで、1つ、皆が考えていた共通項があった

それは「時代の流れに乗る」という覚悟

Appleの企業ポリシーで、AppleはTouch IDをやめ、Face IDに統一し、そして、iPhone SEの販売を打ち切った

Appleは、「どんな製品が欲しいか」を顧客に聞くのではなく、Appleとして「こういう製品が良いと思ったんだ。だから、作ってみた。ぜひみんな使ってみてくれないか」という提案をする、とMacお宝鑑定団BlogのdanboさんがPodcastで話していた

なるほど

企業ポリシーとしての「製品」の考え方なのであれば、我々顧客は、旧機種がなくなることに文句を言うのではなく、新しい製品、Appleの「提案」に対し、「自らを寄せる覚悟」で臨むべきなのかもしれない

自分が使いたくないような製品だったら、Appleを離れれば良い

僕には、danboさんの言葉はそういう風に聞こえた

確かにそうだ。無理して、今年の高い製品、そして、デカいiPhoneを使う必要はどこにも無い

その話を聞いて、僕は確信した

 

「iPhone XS Maxに、僕が寄るスタイルを取ろう」

 

ただ、iPhone SE組の常連さん、友人、知人の中には、今年のiPhoneはちょっと無理、という人も少なからずいた

そこで、僕は友人にとある申し出をした

iPhone 8 REDを手放す覚悟

それは、iPhone 8 REDの売却だった

軍資金を作るために売るのではなく、iPhone XS Maxで行くと、覚悟を決めるために売る

友人も購入を承諾してくれ(友人価格で安くした)、iPhone 8は僕の元を旅立つことになった

これで、僕はiPhone XS Maxを使うしか道はなくなる

どうしてそこまで、と思うかもしれないが、僕は「サブ機をうまく運用できない」病気を持っている

2台同一カテゴリーのガジェットがあると、片方しか使わずに、もう片方はオブジェとして、埃を被る、ということを今まで何度も繰り返してきた

iPhoneでもそう

だから、今年は1台しか買わないし、しかも、前の機種を売る、ということで自分を追い込む覚悟をした

iPad mini 4もなぜか売れた

僕は毎日、色々な友人、知人、常連さんと話をしているのだが、詳細は割愛するが、セルラーのiPad mini 4も売れた

これで、iPadも12.9インチ iPad Proだけの1台になる

カーナビについては、iPhone XS Maxを使うことになるが、早速秋田への部活の大会出張があるので、有効活用していきたいところ

問題はケース

問題はケースだった

僕は、基本的にiPhoneを裸で使いたいのだが、いくらdocomoでAppleCare+に入ってるとは言え、iPhone XS Maxを「裸」で使うのは少々気が引ける

最初は裸で使おうと思っているのだが、よく考えると、ゴールドを見せなくても、全面が6.5インチの有機ELディスプレイであれば、2018年のiPhoneであることは十分にアピールできる

持った感じで考えると、iPhone Xですら、僕は「片手で重い」という結論を出しているので、そもそも、iPhone XS Maxを「片手で使おう」という考え方をしないことにした

今後、iPhoneは、Appleの企業ポリシーにより、小型化されることは多分ないだろう(あるなら、iPhone XRが小型化されていると僕は思っている)

だから、僕は「大型化するiPhoneに、向き合う」ことを決めた

大きさを楽しみ、大きさの迫力に酔いしれる

デカくて、重くて、疲れるかもしれない

ポケットからはみ出るかもしれない(やっぱりケースは必要か・・・)

ちょっとケースについては、スタッフと相談して決めようと思うが、僕はiPhone XS Maxで1〜3年使うことを心に誓った(多分2年)

大切に、そして、前向きに、僕は2018年のiPhoneを使って行こうと思う

この考えこそが、僕が「4.7インチ」から、「6.5インチ」への「Move」を示すモノであった

今回の連載では3度目となる「Move」、最初は引っ越しを表す「Move」、次に、心が「Move」することで、iPhone XS Maxを予約、ラストは、iPhone 8から、iPhone XS Maxへの、大きさの「Move」だ

 

僕は、窓から空を見上げる

 

晴れ渡る空は、どこまでも続いていて、まるで、遠くに住んでいる友人がすぐそばにいるかのような気持ちにさせてくれる

 

「アレ?」

 

晴れ渡っているはずの空の遙か向こう

 

なぜか、1カ所、「雨雲」が見えた

なんで、こんなに気持ちの良い9月の時期に、あそこだけ雨雲があるのだろうか?

 

僕はそれほど気にせず部屋に戻る

 

発売日の9月21日が楽しみで仕方ない

どんな体験をiPhone XS Maxはさせてくれるのか、僕はワクワクしながら、西川Air 03で眠りにつくのであった

 

【最終回予告】

次回、最終回、驚くべきドラマが待っていた

まさかの展開に、全常連さんが涙

最終回を飾るにふさわしい第8回は、明日、9月21日の朝更新予定

 

これでラストだ

 

「良い子にして、明日を待ってな」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Moveカテゴリの最新記事