長期連載1「脊髄〜始まりはいつも雨〜」

長期連載1「脊髄〜始まりはいつも雨〜」

Rain

僕は、暗闇の中を歩いていた

その日、岩手県はうす暗い曇り空

当てもなく歩く僕を、通り過ぎる人達は邪魔に思っていたのかも知れない

それくらい、僕は暗闇の中にいた

 

そう

 

出口の見えないトンネルのような、そんな暗闇の中を、僕は歩いていた

長期連載シリーズ「脊髄」第1回「始まりはいつも雨」

ご存知の通り、僕は、今年iPhone XS Maxを購入し、1週間使って、さすがに慣れてきたところだった

特に、ELECOMのリング付きケースは文句なく操作性を向上させ、僕はこのまま「自分を納得させて」iPhone XS Maxを使おうと思っていた

だが、心に残る、1つの引っかかり

それが、1週間で消えることは無かった

 

「どうすれば良いんだ・・・」

 

僕は、当てもなく歩いた

暗闇の中を、街灯を頼りにトボトボ歩く

 

家に着く寸前、落ちてくる一粒の雨

 

その雨は、段々と数を増し、僕の頭に、顔に、頬に、肩に、そして、脊髄に染みていった・・・

 

「雨か・・・」

 

今の僕には、こんな天気がお似合い、なんて、ちょっとネガティブなことも考えながら家路を急ぐ

でも、僕はわかっていなかった

 

すでに、物語の扉は開かれていたことを

 

「始まりはいつも雨」

 

2018年、多くの人を巻き込む「染みる」壮大な物語が、今、静かに始まろうとしていた

 

【次回予告】

果たして、部長を襲う物語とは?

一体何が起きているというのか?

レビューを出した翌日に雨が降る、この急展開に誰もが驚きを隠せない

気になる次回は、近日更新予定(ぎっくり腰が痛いので、座り続けるのが良くないため、ブログは更新ヌルめにする予定)

iPhone XS Maxのレビューを暗記するまで読み込んで待ってな!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

脊髄カテゴリの最新記事