長期連載3「脊髄〜ヤツの名は、おこP〜」

長期連載3「脊髄〜ヤツの名は、おこP〜」

pakutaso

前回までのあらすじ

iPhone XS Maxのレビューを書きながら、ずっと葛藤の中にいた部長

しかし、読者の期待に応えるべく、批判、炎上覚悟であのレビューをアップする

ところが、意外なことに、レビューは好評。さらに「iPhone XSのレビューも待ってます」の大合唱に展開する始末

たけPには止められるも、フワフワした気持ちでいたとき、とうとう、アイツが動き出した

第3回「ヤツの名は、おこP」

「部長、チョット良いですか・・・」

突然話しかけてきたのは、当ブログスタッフのおこP。僕が買ったモノをほぼ全て買うという、「レビューすればすぐ買う」ことから、「ボンバーマン」というあだ名が付き、スタッフ入り

その後、あまりに紹介したものをすぐ買うのと、後から入ってきたスタッフや、常連さんから「おこPさんに会いたい」「おこPさんを尊敬している」という、頭のおかしいお便りが届くようになり、「ボンバー師匠」に昇進

さらに、買い物熱はとどまることを知らず、とにかく買いまくり、ドンドン貯金が減るという大技をメイクし、その様は人間を超越しているところから、「爆発神ボンバディヌス」として、神になった男である

最近、忙しかったらしく、それほどスタッフトークでも発言がなかったのだが、突然、個別トークで僕に話しかけてきた

 

なんだ?

 

何が起きてる?

おこPは、根っからのiPhone SE野郎。SE2を心待ちにしていた

おこPは、突然僕に話しかけ、畳みかけるように写真を送ってきた

俺氏「え?今どこ?」

おこP「Apple Storeなう」

俺氏「え?Apple Store?」

おこP「うーん、どっちにしようかな」

俺氏「え?どっちにする?え?何してるの?」

おこP「やっぱりこっちかなぁ」

俺氏「え?何?何なの?」

 

おこP「ようこそ、ビッグスクリーンの世界へ」

 

俺氏「は?」

スクリーンショット 2018 10 02 16 47 20

え?

決めた?

何?

iPhone XS?iPhone XS Max?

え?

42778463 294783357809409 7356316939733434368 n

エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエええエエエエエエエエエエエエエエエエええ!!!!!!!!!!

俺氏「マジでか」

おこP「マジです」

俺氏「なんで?iPhone 8じゃないの?iPhone SE命だったんじゃ無いの?」

おこP「違います」

 

おこP「ようこそ、ビッグスクリーンの世界へ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問に答えてねえエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ

 

どうして、どいつもこいつも、スタッフはアホばっかりなんだ・・・

 

僕は、あまりに急な、おこPの買い物に衝撃を隠せなかった

 

しかし、おこPの怒濤の攻撃は、ここから始まるのであった・・・

 

僕は、気を落ち着かせるために、外を見る

 

曇り空がどんよりと地上を覆っている

 

「そういえば、今週末、台風でどしゃ降りじゃねえか・・・」

 

よーたくんが、ネットラジオ「ステレオライブラリー」で言っていたことを思い出す

 

よーたくん「部長さん、間違いなく、今度の秋はどしゃ降りですよ」

 

「コンプリ番長」という言葉が、頭に現れては消えていく

 

一体、僕はどうなってしまうんだ・・・

 

おこP「部長、話があります・・・」

 

僕は、逃れられない渦の中で、一人もがいていた

大きな渦、それは、「おこP」だった

まさかの展開に、僕は武者震いをした

 

おこP「部長・・・」

 

空は、一段と曇り空が広がり、雨が降る寸前、物語は確実に、佳境へと向かっていた

 

【次回予告】

おこPが提案することとは何か

たけPの「2週間使ってから決めなよ」はどうなるのか?

衝撃の次回は、明日更新予定

覚悟を持つ者のみ、購読可能とする

男の中の男を決める展開に、貴様の生き様を晒してみろ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

脊髄カテゴリの最新記事