長期連載7「脊髄〜叫び〜」

長期連載7「脊髄〜叫び〜」

pakutaso

前回までのあらすじ

髄液の雨の中、悩みに悩む部長

髄がうずく状態で、果たして部長はどういう道に進むのか

悩める夜は明けるのか

第7回「叫び」

僕は、夢の中にいた

 

「う・・・・・。ちょう・・・・・」

 

誰かが、僕に語りかけている

 

「ちょう・・・。ぶちょう・・・」

 

なんだ・・・。誰だ・・・?

 

「部長!部長!」

 

( ゚д゚)ハッ! 

 

何!何なの!

ハッとして目覚めると、僕は寝落ちしていたことに気付き、そして、ヤマトが呼び鈴を鳴らしていることにも気付いた

何?

何が届いたの?

IMG 7854

え?

何コレ?

IMG 7855

あ、あああ・・・・あああああああああ・あ・・・・あ・あ・・あ・あ・あ・あ・あ・・あ・あ・あ・あ・あ・・・・・・・あ・あ・あああああああ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・ああああ・あ・あ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああアアアアアアアアアアアアンンンン!!!(by 西城秀樹)

 

からの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脊髄が注文しやがったアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああ!!!!!!!!

 

 

ああ。そうだ

僕は、脊髄の叫びから逃れることなどできなかった

完敗だ

 

だが、僕に悔いはない

 

そうだ

 

我が人生に一片の悔いなし

持ってみた

予想通り片手サイズ

昨年はiPhone Xを売却しているが、今年は、iPhone XS Maxに触りまくってからのiPhone XSなので、「メッチャ持ちやすい!」と感じる

その辺は、比較レビューでお伝えしようと思う

僕は決めた

iPhone XSで行きていく、と

 

やっぱり僕は片手サイズ、というか、「片手フリック」が重要なのだ、ということがわかった

iPhone XS Maxでは、それは厳しいのは、最初からわかっていたのだが、実際に買って、使ってみて、それは「当然の結論」として、僕に突きつけられた「真実」だった

 

がうずく

 

僕は、気付かない間に「脊髄」で買い物をしていたのかも知れない

なぜなら、気付いたらiPhone XSがウチに届いていたからだ

 

おこPの名言「買い物は脊髄でする」を、全国の読者の皆さんにお知らせして、この連載を終わろう

 

僕は、「合わない」と思ったモデルを我慢して使うことができない性格なので、下取りに出したり、家族に使ってもらったりしながら、新しいモデルを購入する、ということを常にしている

今年も結局2台のXSを購入する、ということになってしまったが、結果として、「気に入ったiPhone」を使うことができるようになったので、iPhone XS Maxには感謝しかない

もちろんだが、僕はもう、6.5インチのモデルを買うことは二度と無いだろう

これからは、5.8インチのモデルを買いながら、違いや、使用感をレビューしていく形になる

 

僕が選ぶポイントは「片手フリックが快適か」ということ

それなら、iPhone 8でも良いのではないか、という意見もあると思うが、iPhone 8はもう無いので、その話は無しだ

そして、僕は新製品が大好きなので、できれば最新のiPhoneを使いたい

来年は、どうなるかわからないが、現時点では、カメラ最強(使う暇無いけど)、諸々最新で最強のiPhone XSを使っていきたい

 

「結局、コンプリ番長」

 

スタッフには言われたが、それは「脊髄の叫び」なのだ

仕方のない「欲」は誰にでもある

僕の場合「出たモデルを全部買って比較しないと気が済まない」性格なのだ。それが僕の「髄」の指令なのだ

 

外を見ると、しとしとと雨が降っていた

 

まさにそれは「透明な髄液」が降り注いでいるかのよう

 

おこPの言った「脊髄」の話を、僕は忘れることはないだろう

そして、「髄の叫び」に耳を傾け、これからもサイコパスなスタッフに囲まれ、楽しいApple生活を送っていきたいと思っている

 

2018年10月8日

長期連載シリーズ「脊髄」・完

脚本、構成・部長ナビ

本文・部長ナビ

アドバイス・おこP

言葉遊び・カムラ氏

購入製品・iPhone XS 64GB ゴールド

Special Thanks・脊髄(髄液)

長い間ご覧いただき、ありがとうございました

スタッフ、並びに、脊髄一同より、全ての読者に愛を込めて

「髄の叫び」から、目を反らさず、ステキなApple生活が送れる読者が一人でも多くなることを願って

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

脊髄カテゴリの最新記事