単身赴任で「シャワートイレが無い」と嘆く必要は無い。だって僕たちには「お尻拭き」があるから

単身赴任で「シャワートイレが無い」と嘆く必要は無い。だって僕たちには「お尻拭き」があるから

IMG 7327

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

僕は単身赴任、そう、「自宅の住宅ローン」を抱えた状態での2重生活は金が無く、生活費は限界まで切り詰めたいところですよね

そんな時「シャワートイレ(ウォシュレット)が無い」というのは、ある人達にとっては衝撃です

それは、「自分の親が痔」の場合。僕もそうですが、両親共に痔ですので、小さい頃から「ケツには気をつけろ」と言われて育ってきました(本当)

父親に一番言われたのは「シャワートイレ(ウォシュレット)は必ず付けろ」ということ

痔にならないようにするのに、シャワートイレはかなり重要みたいで、確かに普通のトイレットペーパーにしてから、2日で僕のお尻は切れてしまって血が付くくらい、弱いお尻なのでした

そこで、僕の取った行動は「ググる」でした

「シャワートイレ」「無い」「どうする」で検索すると出てきた

沢山出てきました(笑)

ほとんどの記事が赤ちゃん用の「トイレに流せる」お尻拭きを推奨していました。なるほど。お尻拭きか

実際に店舗で見てみると「流せないお尻拭き」も結構あって、流せるヤツを探すのにちょっと時間がかかりましたが、オススメされていた「メリーズ」のお尻拭き、実際に使ってみると、抜群の使用感でお尻に優しく、赤ちゃん仕様なのでスゲーNICEでした

ですから、数万円かけてシャワートイレ付けるにしても僕が住んでいるのは、いわゆる「社宅」で、勝手に改造することは許されていないので、断るのも面倒だし、付け替えてウマくいくとも限らないし(施設が築何十年なので、古く、トイレが狭いと言う事もある)、本当に参っていたんですけど、ググって正解でした

まさかのお尻拭きで僕のお尻は守られた感じです

痔になると本当に大変なのは、親を見ていればよくわかるので、僕は何とか42才まで大丈夫でしたが、今後もこのままイケるように6年間お尻拭きでMyお尻をガードしていきたいと思います

コレ、本当に人によっては重大な事項なので、記事にしました

ウチの読者の方って、意外と僕と同年代の方が多くて、「実は自分も単身赴任」という方も結構いるので、お役に立てればと思ってます

買うのが恥ずかしいときは、僕たちにはAmazonという味方がいますので、余裕で買えます。メリーズオススメですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

単身赴任カテゴリの最新記事